自殺者数、自殺死亡率の都道府県別順位(2016年速報値)

更新:

警察庁の「平成28年の月別自殺者数について(12月末の速報値)」における自殺者数、自殺死亡率の都道府県別順位。

自殺者数、自殺死亡率の都道府県別順位(2016年)

2017年1月20日、警察庁が発表した「平成28年の月別自殺者数について(12月末の速報値)」によると、2016年(平成28年)1年間の自殺者数は21,764人で、1994年以来22年ぶりに22,000人を下回った。 性別では、男性の自殺者が15,017人(全体の69%)、女性の自殺者が6,747人(全体の31%)だった。

都道府県別では、自殺者が最も多いのが東京都で2,215人。 次いで神奈川県が1,216人、大阪府が1,209人、埼玉県が1,193人、愛知県が1,178人。 自殺者が最も少ないのが、人口が最も少ない鳥取県で82人。 基本的に人口が多い都道府県が上位に並ぶ。

人口10万人当たりの自殺者数(自殺死亡率)で見ると、自殺死亡率が最も高いのが秋田県で10万人当たり25.7人。 以下、岩手県と和歌山県が24.6人、新潟県が23.6人、山梨県が23.0人となっている。 東北地方が上位に目立つ。 意外にも?自殺死亡率が最も低いのが神奈川県で10万人当たり13.3人。 次に大阪府が13.7人となっている。

下表は自殺者数が多い順、自殺死亡率が高い順に並べた。 本統計は平成29年1月6日集計の速報値。 自殺者数は、死体が発見された都道府県及び月に計上されている。 本統計は、自殺の発生地における計上であり、自殺者の居住地とは異なる。 自殺死亡率を求める際、都道府県の人口は2015年(平成27年)国勢調査のデータを使用した。

順位 都道府県 自殺者数(人) 順位 都道府県 自殺死亡率(人口10万人当たりの自殺者数)
1 東京 2,215 1 秋田 25.7
2 神奈川 1,216 2 岩手 24.6
3 大阪 1,209 2 和歌山 24.6
4 埼玉 1,193 4 新潟 23.6
5 愛知 1,178 5 山梨 23.0
6 千葉 1,038 6 青森 21.2
7 北海道 1,004 7 群馬 21.1
8 兵庫 941 8 山形 20.5
9 福岡 869 9 高知 20.0
10 静岡 679 10 宮崎 19.9
11 新潟 544 11 福島 19.6
12 茨城 482 12 栃木 19.3
13 広島 455 12 愛媛 19.3
14 宮城 443 12 島根 19.3
15 群馬 417 15 宮城 19.0
16 京都 399 16 富山 18.9
17 長野 388 17 熊本 18.7
18 栃木 382 18 北海道 18.6
19 福島 375 18 徳島 18.6
20 岐阜 369 20 沖縄 18.5
21 熊本 334 20 長野 18.5
22 岡山 316 22 福井 18.4
23 岩手 315 23 静岡 18.3
24 鹿児島 293 24 岐阜 18.2
25 三重 288 25 滋賀 17.9
26 青森 278 26 鹿児島 17.8
27 愛媛 268 27 佐賀 17.6
28 沖縄 266 27 長崎 17.6
29 秋田 263 29 大分 17.5
30 滋賀 253 30 香川 17.4
31 長崎 242 31 福岡 17.0
32 和歌山 237 31 兵庫 17.0
33 山形 230 33 千葉 16.7
34 宮崎 220 34 茨城 16.5
35 山口 219 35 岡山 16.4
36 大分 204 35 埼玉 16.4
37 富山 202 35 東京 16.4
38 奈良 198 38 石川 16.0
39 山梨 192 38 広島 16.0
40 石川 185 40 三重 15.9
41 香川 170 41 愛知 15.7
42 佐賀 147 42 山口 15.6
43 高知 146 43 京都 15.3
44 福井 145 44 奈良 14.5
45 徳島 141 45 鳥取 14.3
46 島根 134 46 大阪 13.7
47 鳥取 82 47 神奈川 13.3
合計 21,764
(警察庁、平成28年の月別自殺者数について(12月末の速報値)
このエントリーをはてなブックマークに追加