警察庁 児童虐待の検挙件数(平成26年・2014年)

更新:

2015年3月26日、警察庁は平成26年(2014年)の児童虐待の検挙状況を発表した。

警察庁 児童虐待の検挙件数(平成26年・2014年)

警察庁が発表した「児童虐待及び福祉犯の検挙状況(平成26年1~12月)」によると、平成26年(2014年)の児童虐待の検挙件数は698件で、前年より49.5%増加した。
虐待の内容は、身体的虐待がもっとも多く526件で、そのほか性的虐待150件、怠慢又は拒否11件、心理的虐待11件となっている。
また、児童虐待の検挙人員は719人で、前年より49.2%増加。
検挙事件に係る被害児童数は708人で、前年より49.1%増加。
いずれも平成17年以降最多で、年々増加傾向にある。
また、児童虐待の疑いで全国の警察が児童相談所に通告した18歳未満の子供の数は28,923人(前年比33.9%増)で、統計のある2004年以降最多となった。

検挙件数

平成26年検挙件数(件) 平成25年検挙件数(件) 構成比(%) 増減数(件) 増減率(%)
身体的虐待 526 334 75.4 192 57.5
性的虐待 150 103 21.5 47 45.6
怠慢又は拒否 11 14 1.6 -3 -21.4
心理的虐待 11 16 1.6 -5 -31.3
総数 698 467 100.0 231 49.5


検挙人員

平成26年検挙人員(人) 平成25年検挙人員(人) 構成比(%) 増減数(人) 増減率(%)
身体的虐待 541 341 75.2 200 58.7
性的虐待 152 105 21.1 47 44.8
怠慢又は拒否 14 20 1.9 -6 -30.0
心理的虐待 12 16 1.7 -4 -25.0
総数 719 482 100.0 237 49.2


検挙事件に係る被害児童数

平成26年検挙事件に係る被害児童数(人) 平成25年検挙事件に係る被害児童数(人) 構成比(%) 増減数(人) 増減率(%)
身体的虐待 535 336 75.6 199 59.2
性的虐待 151 104 21.3 47 45.2
怠慢又は拒否 11 16 1.6 -5 -31.3
心理的虐待 11 19 1.6 -8 -42.1
総数 708 475 100.0 233 49.1
(警察庁, 児童虐待及び福祉犯の検挙状況(平成26年1~12月)
このエントリーをはてなブックマークに追加