警察庁 福祉犯の法令別送致件数(平成26年・2014年)

更新:

2015年3月26日、警察庁は平成26年(2014年)の福祉犯の法令別送致件数を発表した。

警察庁 福祉犯の法令別送致件数(平成26年・2014年)

警察庁が発表した「児童虐待及び福祉犯の検挙状況(平成26年1~12月)」によると、平成26年(2014年)の福祉犯の送致件数は7,533件で、前年より2%減少した。
平成17年以降、概ね7,000件前後で推移している。
法令別では、青少年保護育成条例がもっとも多く2,633件で、以下児童買春・児童ポルノ禁止法2,489件、未成年者喫煙禁止法1,076件と続く。

福祉犯の送致人員は7,137人で、前年比3.2%減少。
法令別では、青少年保護育成条例がもっとも多く2,454人で、以下児童買春・児童ポルノ禁止法1,967人、未成年者喫煙禁止法1,168人と続く。

福祉犯の法令別送致件数

平成26年送致件数(件) 平成25年送致件数(件) 増減数(件) 増減率(%)
青少年保護育成条例 2,633 2,698 -65 -2.4
児童買春・児童ポルノ禁止法 2,489 2,353 136 5.8
未成年者喫煙禁止法 1,076 1,146 -70 -6.1
児童福祉法 382 402 -20 -5.0
風営適正化法 316 363 -47 -12.9
出会い系サイト規制法 278 337 -59 -17.5
未成年者飲酒禁止法 120 134 -14 -10.4
労働基準法 71 81 -10 -12.3
売春防止法 56 46 10 21.7
職業安定法 44 46 -2 -4.3
覚せい剤取締法 44 56 -12 -21.4
大麻取締法 11 10 1 10.0
その他 9 4 5 125.0
麻薬及び向精神薬取締法 3 7 -4 -57.1
毒物及び劇物取締法 1 4 -3 -75.0
総数 7,533 7,687 -154 -2.0


福祉犯の法令別送致人員

平成26年送致人員(人) 平成25年送致人員(人) 増減数(人) 増減率(%)
青少年保護育成条例 2,454 2,534 -80 -3.2
児童買春・児童ポルノ禁止法 1,967 1,893 74 3.9
未成年者喫煙禁止法 1,168 1,259 -91 -7.2
風営適正化法 482 510 -28 -5.5
児童福祉法 398 418 -20 -4.8
出会い系サイト規制法 275 338 -63 -18.6
未成年者飲酒禁止法 150 172 -22 -12.8
労働基準法 104 101 3 3.0
職業安定法 44 46 -2 -4.3
覚せい剤取締法 36 57 -21 -36.8
売春防止法 34 22 12 54.5
大麻取締法 13 8 5 62.5
その他 8 7 1 14.3
麻薬及び向精神薬取締法 3 6 -3 -50.0
毒物及び劇物取締法 1 5 -4 -80.0
総数 7,137 7,376 -239 -3.2
(警察庁, 児童虐待及び福祉犯の検挙状況(平成26年1~12月)
このエントリーをはてなブックマークに追加