できちゃった婚(でき婚)(2009年)年齢別 - 結婚期間が妊娠期間より短い出生

更新:

2010年12月10日、厚生労働省が「平成22年度「出生に関する統計」の概況、人口動態統計特殊報告」を発表。
それによると「結婚期間が妊娠期間より短い出生」の割合は、25.3% だった。

結婚期間が妊娠期間より短い出生の割合(2009年)年齢別

厚生労働省の「平成22年度「出生に関する統計」の概況、人口動態統計特殊報告」に「結婚期間が妊娠期間より短い出生」の統計がある。
「結婚期間が妊娠期間より短い」とは、例えば結婚期間が1ヶ月で、母親の妊娠期間が2ヶ月などの場合。
新聞やテレビなどのメディアでは、「できちゃった婚」として報道していることがある。
結婚期間が妊娠期間より短い出生の割合の全国平均は 25.3% で約4人に1人ということになる。
年齢階級別に見ると、15~19歳は約8割、20~24歳は約6割と高い割合になっている。

年次 母の年齢階級別にみた結婚期間が妊娠期間より短い出生の嫡出第1子出生に占める割合(%)
総数 15~19歳 20~24歳 25~29歳 30~34歳 35歳~
1995年(平成7年) 22.5 73.9 47.0 14.2 9.2 10.0
1996年(平成8年) 22.2 74.6 47.3 14.5 8.9 9.6
1997年(平成9年) 22.6 77.0 48.7 15.0 9.1 9.2
1998年(平成10年) 23.9 78.3 52.3 16.6 9.3 9.7
1999年(平成11年) 25.0 79.8 55.1 17.9 10.2 10.1
2000年(平成12年) 26.3 81.7 58.3 19.6 10.9 10.3
2001年(平成13年) 27.5 82.3 60.2 21.1 11.9 10.9
2002年(平成14年) 27.9 82.7 61.5 22.4 12.1 11.0
2003年(平成15年) 26.9 82.7 61.9 22.2 11.9 10.6
2004年(平成16年) 26.7 82.9 63.3 22.9 11.7 10.9
2005年(平成17年) 26.6 83.2 64.1 23.4 12.0 10.7
2006年(平成18年) 26.9 82.3 64.8 24.7 12.3 10.7
2007年(平成19年) 26.4 81.6 64.1 24.7 12.2 10.7
2008年(平成20年) 26.2 80.7 64.0 24.9 12.3 10.9
2009年(平成21年) 25.3 81.5 63.6 24.6 12.1 10.8

注:1)割合は、結婚期間不詳を除いた嫡出第1子出生数に対する数値である。
2)総数には母の年齢不詳を含む。

(厚生労働省, 平成22年度「出生に関する統計」の概況、人口動態統計特殊報告)
このエントリーをはてなブックマークに追加