日本の平均所得・年齢階級別(2010年)

更新:

2010年5月20日に厚生労働省が発表した「平成21年 国民生活基礎調査の概況」から日本の平均所得(年齢階級別)。

日本の平均所得・年齢階級別(2010年)

厚生労働省のデータによると、平成20年の1世帯当たりの平均所得金額は 547万5千円。
世帯主の年齢階級別に見ると、平均所得が最も低いのは29歳以下で 298万9千円。
最も高いのが50~59歳で 765万5千円。
40代、50代の平均所得は、20代の倍以上。
「平成21年調査」の所得とは、平成20年1月1日から12月31日までの1年間の所得。

世帯主の
年齢階級
1世帯当たりの平均所得
(万円)
29歳以下 298.9
30~39歳 562.4
40~49歳 684.3
50~59歳 765.5
60~69歳 522.8
65歳以上 421.4
70歳以上 391.2
平均 547.5


(厚生労働省, 平成21年 国民生活基礎調査の概況)
厚生労働省
このエントリーをはてなブックマークに追加