日本への旅行者・外国人観光客、国別・都道府県別ランキング(2009年1月)

更新:

日本政府観光局(JNTO)による2009年1月の外国人観光客(訪日外国人数)国別、都道府県別のランキング。

外国人観光客ランキング(2009年1月)

日本政府観光局(JNTO)によると、2009年1月の訪日外国人数(訪日外客数)は580,800人だった。

最も多いのが韓国で、129,600人だった。 2位が中国で110,400人、3位が台湾で97,000人と、アジアがトップ3を占める。 アジア以外では4位にアメリカが入っている。

日本から遠いヨーロッパではイギリスが最も多く13,600人となっている。 日本人に人気の観光地フランスからは8,200人。

アジア以外では、アメリカ、オーストラリア、イギリスなど英語圏からの訪問者が多い。 年間を通しても下表の国々がランキング上位となっている。 ここ最近の訪日者数は毎月60~70万人程度となっている。

訪日外客数は旅行者のほか、駐在員とその家族、留学生なども含まれている。

順位 国・地域 訪日外客数
(2009年1月)
1 韓国 129,600
2 中国 110,400
3 台湾 97,000
4 アメリカ 47,300
5 香港 46,600
6 オーストラリア 26,900
7 イギリス 13,600
8 カナダ 13,500
9 シンガポール 9,000
10 タイ 8,700
11 フランス 8,200
12 ドイツ 6,500
その他 63,500
合計 580,800
(日本政府観光局(JNTO))

外国人観光客の訪問地、都道府県別ランキング(2008年)

日本政府観光局(JNTO)によると、2008年の訪日外国人の訪問地で最も訪問率が高いのは東京で58.9%だった。 2位は大阪で25.0%、3位は京都で21.4%となっている。

この数値にはビジネス目的も含まれているので、大阪、京都を押さえて東京への訪問者が圧倒的に多い。 千葉はディズニーランドの効果か、上位にある。 九州や北海道も外国人観光客に人気があり、これらの地域は比較的訪問率が高い。

主な訪問目的は、観光53.0%、商用29.9%、親族友人訪問9.6%。 主な旅行形態は、団体ツアー40.5%、個人自由形ツアー15.0%、個人旅行42.5%。 主な訪問動機は、ショッピング39.0%、日本食37.0%、温泉32.3%。 リピーター率は50.8%となっている。

このデータは14,963人の外国人へのインタビュー調査の集計値。 訪問率は、回答者全体に占める当該地域を訪問した人の割合。 延べ 100% を超えるので複数回答可能と思われる。

順位 都道府県 訪問率
(%)
1 東京 58.9
2 大阪 25.0
3 京都 21.4
4 神奈川 16.0
5 千葉 11.8
6 愛知 10.1
7 福岡 9.7
8 兵庫 8.1
9 北海道 8.1
10 奈良 6.5
11 山梨 5.9
12 大分 4.9
13 熊本 4.7
14 広島 4.0
15 長崎 3.9
16 栃木 3.6
17 静岡 3.4
18 長野 3.0
19 岐阜 2.7
20 沖縄 2.3
延べ訪問率 234.6
日本政府観光局(JNTO)
このエントリーをはてなブックマークに追加