エックスサーバーのCPU、メモリなどのスペック(X10プラン)

更新:

今までさくらのレンタルサーバーを使っていたが、当時 Let's Encrypt に対応していなかったので、2017年7月にエックスサーバーのX10プランに引っ越した。 2018年6月現在、サイトの説明には以下のようなスペックが書かれている。

OS Linux
メモリ 256GB
ストレージ容量 200GB(SSD)
ウェブサーバー apache 2.4.x、nginx
CPU 24コア

CPUとメモリのより詳しいスペックは、エックスサーバーにてログイン後、コントロールパネルの[アカウント]→[サーバー情報]で確認できる。 私はsv2300番台とsv3000番台を使っていて、以下のようなスペックになっている。

サーバー番号 sv2300番台(2017年7月契約のX10プラン)
CPU Xeon E5-2640 v4( 2.40GHz ) x 2
メモリー容量 192GB
Apacheバージョン 2.4.6

サーバー番号 sv3000番台(2017年7月契約のX10プラン)
CPU Xeon E5-2640 v4( 2.40GHz ) x 2
メモリー容量 192GB
Apacheバージョン 2.4.6

CPU は Xeon E5-2640 v4 で、主なスペックはクロック周波数2.4GHz、ターボ時3.4GHz、10コア20スレッドとなっている。 サーバーにはこれを2個使用しているようで、合計で20コアとなる。 メモリは192GB搭載されている。

エックスサーバー

2台ともほぼ同じ時期に契約したが、あとに契約したsv3000番台は少し新しく、ストレージにはSSDが使われている。 2018年6月現在、sv2300番台はHDDのままだが、今後増強されてSSDになる予定。

今はこれより新しいサーバーがあり、サイトの説明によるとCPUが24コア、メモリ容量が256GBとなっていて、私が使っているサーバーより良くないっている。 ここ数年エックスサーバーは積極的にハードウェアを増強しているようで、同じX10プランでもCPUやメモリ容量が異なる。 現状あまり不満はないが、他社と比べるとメンテナンスが多い印象で、サーバーが止まる回数が多い。 また、500円くらいの月額料金が安いサーバーと比べるとやや高い。

関連

このエントリーをはてなブックマークに追加