ウェブサービス終了、サイト閉鎖時の告知文言・文例

更新:

ウェブサイト(ウェブサービス)を閉鎖する際のユーザーへの告知文言、文例、例文。

ウェブサイト終了のお知らせの文例

ウェブサイトを運営していると、利用者の減少など様々な理由によりサイトを閉鎖しなければいけないときがあります。 個人のサイトでも何のメッセージもなく突然閉鎖するのは利用者に申し訳ないので、私は一応何かしら閉鎖の告知をしています。

以下はウェブサイトを閉鎖・終了する際にサイトに掲載する告知用の文例です。

「@@@@@」サービス終了のお知らせ

誠に勝手ながら「@@@@@」は、XXXX年X月X日(X)をもちましてサービスを終了することになりました。 本サービス終了に伴い、ご登録時の個人情報は弊社側で責任をもって破棄致します。 これまでご愛顧いただき、誠にありがとうございました。 今後とも株式会社*****をよろしくお願い申し上げます。

XXXX年X月X日
株式会社*****
代表取締役社長 +++++

基本は告知のタイトル、本文、署名という構成。 その中に閉鎖するサービス名(サイト名)とサービス終了日を書きます。 「@@@@@」にはサービス名が入ります。

個人情報を扱っていた場合は、それを削除したかどうかなど、その扱いを記載すると良いでしょう。 検索エンジンで「終了のお知らせ」等で検索すると、実際に終了を告知しているページが見つかるので参考になるかもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加