Google +1(プラスワン plusone)ボタンの設置と仕様

更新:

ホームページやブログにGoogleの+1ボタン(プラスワン)を設置するためのタグおよび仕様。

Google +1 ボタンの仕様

Google のサイト +1 Button で+1ボタンのHTMLコードを生成できる。

以前は共有数(ブックマーク数)が表示されたが、2017年7月頃から仕様が変わり、数値が表示されなくなった。

ジェネレーターにおける主な仕様は以下の通り。 ただし、2017年8月現在、ジェネレーターがなくなっている。

  • サイズ
    ボタンのサイズ。
    Small (15px)、Standard (24px)、Medium (20px)、Tall (60px) を選べる。
    Twitter や Facebook などの横長タイプのボタンは、ボタンの高さが約20pxなので、他のボタンと高さを揃えたい場合はMedium (20px)を選ぶと良い。
  • +1情報
    共有数(ブックマーク数)の表示方法は仕様が変わり、なくなった。 インライン(1列)、バルーン(吹き出し)、なし(非表示)があった。

  • 横幅。
    +1情報がインラインの場合のみ設定可能。
  • 言語
    通常は「日本語」を選ぶ。
  • タグを解析
    呼び出すタイミング。
    デフォルトは「ページ読み込み時」になっている。
    「任意のタイミング」を指定すると呼び出すタイミングを自分で調整できる。
    呼び出す際はJavaScriptで gapi.plusone.go(container) または gapi.plusone.render(container) メソッドを使用する。
  • JS コールバック関数
    JavaScriptのコールバック関数。
  • +1 ボタンの対象とする URL
    任意のURLを指定可能。
    指定しない場合はボタンが表示されたページのURLが自動的に設定される。

ジェネレーターで生成したHTMLコードは以下のようになる。

<!-- head 内か、body 終了タグの直前に次のタグを貼り付けてください。 -->
<script src="https://apis.google.com/js/platform.js" async defer>
  {lang: 'ja'}
</script>

<!-- +1 ボタン を表示したい位置に次のタグを貼り付けてください。 -->
<div class="g-plusone" data-href="http://www.example.com/" data-size="tall"></div>

表示例

+1ボタンの div 要素の属性の仕様

  • data-href
    対象とするページのURLを指定する。 省略した場合はボタンを設置したページのURLが自動的に指定される。
  • data-size
    ボタンのサイズを指定する。 サイズは small、medium、standard、tall の4種類あり、デフォルトは standard となっている。 以前の仕様では tall は縦も大きかったが、新しい仕様ではなぜか横に長い。
このエントリーをはてなブックマークに追加