待ち受け画像、写真の仕様・容量 - 画面サイズ、画像のダウンロード方法

更新:

ドコモ、au、ソフトバンクの待受画像、画面サイズ、画像のダウンロード方法。

待ち受け画像、写真 - 画面サイズ

仕様については、同じ世代の機種でも若干異なる場合があるので、詳しくは各キャリアの仕様書をご確認ください。

  1. 各キャリアの仕様
    ドコモ au ソフトバンク
    データ種別 JPEG、GIF
    iモードブラウザ2.0以降PNG、BMP対応
    JPEG、PNG、GIF JPEG、PNG
    ファイルサイズ 501は5k。
    502、209以降拡張設定で8~10K。
    505以降20K。
    FOMA(2000系、700系、900系)は100K。
    iモードブラウザ2.0は500K。
    携帯電話ごとに異なる。
    例外もあり。
    Cxxx系は5~100Kまで様々。
    A100x、A300x、A500x、W11以降は100K以上。
    携帯電話ごとに異なる。
    ブラウザバージョンが2.0、3.0は6K。
    4.0~4.2は12K。
    4.3が30K。
    5.0が200K。
    1.0が300K。
    携帯電話ごとに異なる。
  2. Content-Type
    JPEGは、image/jpeg
    GIFは、image/gif
    PNGは、image/png
    BMPは、image/x-ms-bmp
  3. 基本的に3キャリア対応のサイトを作る場合は、画像の種類をJPEG、ファイルサイズを100KB以内で制作します。
    ドコモ、auの古い携帯電話は、GIFやPNGだけ表示できます。
    ソフトバンクは、J-フォン時代からJPEGが表示できます。
  4. 画面サイズは、携帯電話ごとに異なります。
    新しい携帯電話は、QVGAやVGAと呼ばれる画面サイズになっています。
    QVGAの画面サイズは、縦320×横240ドット。
    VGAは、縦640×横480ドット。
  5. ブラウジング時の画面サイズ(サイトを見ているときのページの縦横サイズ)と待ち受け画面の画面サイズが異なる場合があります。
    縦横サイズが異なる待ち受け画像を携帯の待ち受けに設定した場合、携帯電話によっては自動的に拡大縮小して、画面に合わせてくれる場合があります。


待ち受け画像のダウンロード方法

ページに表示されている画像は、基本的に携帯電話のメニューの「画像を保存」を使って保存します。
ページに画像を表示させる場合は、ページ自体のデータサイズと画像のデータサイズを合わせた容量が、携帯電話のダウンロード許容量を超えないようにしないと、画像を表示することができません。
  1. ドコモ
    • 画像をページに表示させる場合
      <img src="sample.gif">
    • 画像にリンクをはる場合
      <a href="sample.gif">待ち受け画像</a>
    • プログラムで画像データを出力する場合
      <a href="download.cgi?id=123">待ち受け画像</a>

      <img src="download.php?id=123">
      プログラムは自分で用意します。
      プログラムで出力することにより、ダウンロード数をカウントしたり、会員判定を行った上でダウンロードをさせることができます。
      出力する際は、適切なContent-Typeを指定します。
      また、機種によって(特に古い機種)は、URLの末尾が.gifなど画像の拡張子になっていないと画像と判別してくれないものがあります。
      その場合は、
      <img src="download.php?id=123&dummy=.gif">
      などのようにすると画像を表示できる場合があります(上記はgif画像の例)。
      引数はdummyでなくても良い。
  2. au
    • 基本的にドコモと同じ。
      EZwebのダウンロード方式を使う場合は、ダウンロードCGIを参照。
  3. ソフトバンク
    • 基本的にドコモと同じ。
このエントリーをはてなブックマークに追加