言語、文字コード、ダウンロード容量制限

更新:

携帯サイトの言語、文字コード、ダウンロード容量制限。
パケット料金の計算はパケット代・パケット料金計算、1パケットの容量と料金をご覧ください。

言語、文字コードなど

  • 言語
    ページは基本的にパソコン向けのサイトと同じようにHTMLで書けば良い。
    • ドコモ
      C-HTML、X-HTML
    • au
      HTML、X-HTML、HDML
    • ソフトバンク
      HTML、X-HTML
  • 文字コード
    HTMLでは、ドコモ、au、ソフトバンクともにSJIS(shift_jis)。
    X-HTMLではUTF-8に対応。
  • JavaScript
    古い端末では JavaScript を利用できないが、最近は JavaScript 対応端末が増えつつある。
    ドコモでは、iモードブラウザ2.0以降(2009年5月発売)で JavaScript に対応。
    ソフトバンクでは、2010年夏モデル(944SH、945SH(945SH G))からJavaScriptに対応。
    パソコンのサイトが閲覧できるフルブラウザ対応の携帯電話は、フルブラウザを利用すると JavaScript が動作する。
  • Cookie(クッキー)
    ドコモは、iモードブラウザ2.0以降で Cookie に対応。
    auは、WAP2.0ブラウザ搭載端末などで Cookie に対応している。
    ソフトバンクは、3GC型端末から Cookie に対応している。
    いずれもHTTPヘッダの Set-Cookie などで Cookie を利用できる。
  • Referer(リファラ)
    ドコモは、iモードブラウザ2.0以降で Referer に対応。
  • その他
    ソフトバンクの古い端末(J-PHONE時代の非パケット機種)は、FORMタグ で METHOD=GET しか使えない。
    METHOD=POST の場合、ページが表示されないなどの不具合が発生することがある。


データのダウンロード容量制限

  • データ(ページ、着メロ、待ち受け画像、着うた、ムービーなど)をダウンロードできる容量の限界は機種ごとに異なる。
    新しい機種ほど多くの容量をダウンロードできる。
  • 1ページの容量制限
    • ドコモ
      501は5k。
      502、209以降拡張設定で8~10K。
      505以降20K。
      FOMA(2000系、700系、900系)は100K。
      iモードブラウザ2.0は500K。
      携帯電話ごとに異なる。例外もあり。
    • au
      Cxxx系は5~100Kまで様々。
      A100x、A300x、A500x、W11以降は100K以上。
      携帯電話ごとに異なる。
    • ソフトバンク
      ブラウザバージョンが2.0、3.0は6K。
      4.0~4.2は12K。4.3が30K。5.0が200K。1.0が300K。
      2010年夏モデル(944SH、945SH(945SH G))から500K。
      携帯電話ごとに異なる。
  • 着メロや待ち受け画像などのダウンロード容量は、ページ読み込み容量とほぼ同じものが多い。
    アプリや着うたなどは、機種によりダウンロード容量が様々。
このエントリーをはてなブックマークに追加