X Window System - Window Manager(WM)のインストール

更新:

X Window System / Window Manager(WM)のインストール方法。
対象:Linux Fedora, RedHat

X Window System

  • Fedoraでは現在、X Window SystemがXFree86からxorg-x11になったようで、xorg-x11がapt-getできます。
    xtermもapt-getできます。
    apt-get install xorg-x11*
    apt-get install xterm*
    など。
    apt-getについては、yum、apt-getを参照。
  • システムの強制終了
    Ctrl + Alt + BackSpace

Window Manager(WM、ウィンドウ・マネージャー)

  • GNOME
    http://www.gnome.gr.jp/
    apt-get install gnome*
    で関連するものが全てインストールされる。
    gnome-utils、gnome-media、gnome-games、control-centerなどがあります。
  • KDE
    http://www.kde.gr.jp/
    apt-get install kde*
    で関連するものが全てインストールされる。
  • XFCE
    http://www.xfce.org/
    xfce-4.1.99.2-rpm-fdr.tar.bz2(Fedora)などをダウンロードする。
    $ tar xvjf xfce-4.1.99.2-rpm-fdr.tar.bz2
    $ cd xfce-4.1.99.2/rpm/fdr
    $ rpm -ivh *.rpm
    
    依存関係があるので、個別にrpmした方がいいかもしれません。
    xfprintを入れるのにa2ps(文字関連のユーティリティ)が必要で、apt-getなどでインストール。
  • WMを変更するときは、switchdesk WM名
    switchdesk Xfceなど。

日本語入力(canna、kinput2)

  • canna~インストールと起動
    インストール:apt-get install canna*
    起動:/etc/rc.d/init.d/canna start
  • kinput~インストールと起動
    インストール:apt-get install kinput*
    起動:kinput2 -canna &
  • [Shift + スペースキー]で日本語の入力が可能。
このエントリーをはてなブックマークに追加