telnetとSSHのコマンド、設定

更新:

telnetとSSHのコマンド、設定。
対象:Linux Fedora, RedHat, CentOSなど

telnet のコマンドと設定

  • サーバにログイン
    telnet サーバ名
    通常、ポート番号23で接続。
  • サーバにHTTPでアクセス
    telnet サーバ名 ポート番号
    telnet www.sample.com 80
    	Trying 222.222.222.22...
    	Connected to www.sample.com.
    	Escape character is '^]'.
    GET /index.html HTTP/1.0
    
  • telnet コマンド
    telnet
    でtelnet起動後、各コマンドを操作しても良い。
    close                        現在の接続を終了
    logout                       closeと同じ
    display                      set, toggleで設定されたパラメータを表示
    open ホスト名 [ポート番号]   サーバに接続
    quit                         telnetを終了
    send                         特殊文字を送信 ('send ?'で変数の一覧を表示)
    set                          変数の設定 ('set ?'で変数の一覧を表示)
    unset                        変数の解除 ('unset ?'で変数の一覧を表示)
    status                       ステータスを表示
    toggle                       パラメータのオン・オフの切り替え ('toggle ?'で変数の一覧を表示)
    z                            telnetを中断
    environ                      環境変数の設定 ('environ ?'で変数の一覧を表示)
    ?                            ヘルプを表示
    
  • telnet-server の設定
    外部のコンピュータからのアクセスの制御の例。
    vi /etc/hosts.allow
    	in.telnetd : 192.168.11. 127.0.0.1 211.xxx.xxx.xxx
    vi /etc/hosts.deny
    	in.telnetd : ALL
    vi /etc/xinetd.d/telnet
    	disable     = no
    
    編集後、再起動。
    service xinetd restart
    
    自動起動の設定
    chkconfig xinetd on
    chkconfig --list xinetd
    

ssh のコマンドと設定

  • サーバにログイン
    ssh -l ユーザ名 サーバ名
    通常、ポート番号22で接続。
  • rootでのログインを禁止する
    外部のコンピュータからはrootでログインできないようにする場合は、以下のように設定する。
    vi /etc/ssh/sshd_config
    	#rootでのログインを禁止
    	PermitRootLogin no
    
    編集後、再起動。
    service sshd restart
    
    自動起動の設定
    chkconfig sshd on
    chkconfig --list sshd
    
このエントリーをはてなブックマークに追加