PHPのインストール・設定

更新:

PHPのインストール・設定方法。
対象:Linux Fedora, RedHat

PHPのインストール・設定
  • PHP関連サイト
    http://php.net/
  • インストール関連情報
    rpmyum、apt-gettar.gzmake installシェル・環境変数
  • PHPのインストール
    cd /usr/local/src
    tar xvzf php-5.0.3.tar.gz
    ./configure \
    	--with-apxs2=/usr/local/apache2/bin/apxs \
    	--enable-mbstring \
    	--enable-mbstr-enc-trans \
    	--enable-mbregex \
    データベース関連
    	--with-pgsql=/usr/local/pgsql \
    	--with-mysql=/usr/local/mysql \
    GD関連
    	--with-gd \
    	--with-zlib \
    	--with-jpeg-dir=/usr/lib \
    	--with-png-dir=/usr/lib \
    その他
    	--with-gd=/usr/local \
    	--with-jpeg-dir \
    	--with-png-dir \
    	--with-xpm-dir=/usr/X11R6 \
    	--with-freetype-dir=/usr/local/include/freetype2 \
    	--with-ttf=/usr/local/include/freetype1 \
    	--with-tiff-dir \
    	--with-pdflib=/usr/local \
    make
    make install
    
    configureのオプションは、必要なものだけ付加する。
    インストール後、Apacheを再起動。
  • php.iniの設定
    php.iniを特に設定しなくても(ファイルを置かなくても)SJIS、EUCともに表示できます。
    設定するとサイトで使用する文字コードを限定することができますが、他の文字コードが化けることがあります。

    PHPファイルのコードがSJISで、ページの表示もSJISの場合、以下のように設定します。
    cp php.ini-dist /usr/local/lib/php.ini
    vi php.ini
    	output_buffering = Off (PHPファイルとページ表示のコードが異なる場合On)
    	;output_handler = mb_output_handler (PHPファイルとページ表示のコードが異なる場合必要)
    	magic_quotes_gpc = Off
    	default_charset  = Shift_JIS (ページ表示がEUCの場合EUC-JP)
    	
    	[mbstring]
    	mbstring.language = Japanese
    	mbstring.internal_encoding = SJIS (PHPファイルがEUCの場合EUC-JP)
    	mbstring.http_input  = auto
    	mbstring.http_output = SJIS (ページ表示がEUCの場合EUC-JP)
    	mbstring.encoding_translation = On
    	mbstring.detect_order = auto
    	mbstring.substitute_character = none
    
  • GD関連の設定
    例えば、GDでJPEGを使う場合、JPEG関連のライブラリlibjpeg、libjpeg-develが必要です。
    apt-get install libjpeg*
    などでインストール。
このエントリーをはてなブックマークに追加