ファイル・ディレクトリのコピー・削除・検索など

更新:

ファイル・ディレクトリのコピー・削除・検索など。
対象:Linux Fedora, RedHat, CentOSなど

ファイル処理 コマンド

  • コピー
    cp コピー前のファイル名 コピー後のファイル名
    cp コピー前のパス コピー後のパス
    例:cp sample.html /home/test/test.html
  • 移動
    mv 移動前のファイル名 移動後のファイル名
    mv 移動前のパス 移動後のパス
    例:mv ./abc/sample.html /home/test/ (sample.htmlがtestディレクトリに移動)
    例:mv ../sample.html /home/test/test.html (sample.htmlをtest.htmlというファイル名でtestディレクトリに移動)
  • 削除
    rm 削除するファイル名
    rm -r 削除するディレクトリ名 (ディレクトリ以下全て消す場合)
    rm -rf 削除するディレクトリ名 (-fで、消すかどうかの確認メッセージを出さない)
    例:rm ./test/sample.html
    例:rm -rf /home/test/

ディレクトリ

  • ディレクトリ作成
    mkdir ディレクトリ名
    例:mkdir ./sample
  • ディレクトリ削除
    rmdir ディレクトリ名
    例:rmdir ./sample
    ディレクトリにファイルがない場合のみ削除可能。
    通常はrm -rコマンドを利用。
  • ディレクトリにあるファイル名やディレクトリ名を表示
    ls

    ls -la
    など。
    -l:縦にリストを表示。
    -a:ピリオドで始まるファイルやディレクトリも表示。

検索

  • ファイルの検索
    find パス名 -name ファイル名
    例:find . -name sample.php (カレントディレクトリ以下からsample.phpを検索)
    例:find /test/ -name sample.php (/testディレクトリ以下からsample.phpを検索)
  • コマンド用のファイルを検索
    whereis コマンド名
    例:whereis php
  • コマンドのパスを検索
    which コマンド名
    例:which perl
  • インストール済みのrpmを検索
    rpm -qa | grep ソフトウェア名

ファイル・ディレクトリの属性変更(パーミッション・モードの設定)

  • ファイルやディレクトリの属性を変更します。
    確認メッセージなして、強制的に実行する場合、-fオプションを指定。
  • グループ
    chgrp グループ名 パス名
    例:chgrp tanaka ./sample.txt
  • パーミッション
    chmod モード パス名
    例:chmod 755 ./sample.txt
    例:chmod o+w ./sample.txt
    絶対モード(オーナー、グループ、その他の順に数字を並べます)
        4    読み取り許可
        2    書き込み許可
        1    実行許可
    
    シンボリックモード
        u    オーナー
        g    グループ
        o    その他
        a    すべて
        +    アクセス権追加
        -    アクセス権削除
        =    指定したアクセス権に変更
        r    読み取り許可
        w    書き込み許可
        x    実行許可
    
  • 所有者(オーナー)
    chown オーナー名 パス名
    例:chown suzuki ./sample.txt

その他

  • タイムスタンプ変更、空ファイル作成
    ファイルのタイムスタンプを更新。
    ファイルが存在しない場合は、新しくファイルを作成します。
    touch ファイル名
    例:touch ./sample.txt (sample.txtの更新日時を現在の時刻にします)
    例:touch ./data/* (/dataディレクトリ以下の全てのファイルのタイムスタンプ更新)
    例:touch -t 0601151010 sample.txt (タイムスタンプを2006年1月15日10時10分にします)
      -a                     アクセス日時を更新
      -c, --no-create        ファイルが存在しない場合、ファイルを作成しない
      -m                     更新日時を更新
      -r, --reference=FILE   現在時刻の代りにこのファイルの時刻を使う
      -t STAMP               現在時刻の代りに [[CC]YY]MMDDhhmm[.ss] を使う
    
  • カレントディレクトリのパスを表示
    pwd
  • ワイルドカード
    *で、ファイル名の省略が可能。
    例:cp ./*.html ./sample/
    で、拡張子が.htmlのファイルをすべてsampleディレクトリに移動。

SCP

  • コピー
    別のサーバにSCPでファイルをコピーする場合など。
    scp -r /htdocs/sample/index.jsp ユーザ名@サーバ名:/htdocs/sample/
    scp -r /htdocs/sample/* ユーザ名@サーバ名:/htdocs/sample/
    scp -r ./* ユーザ名@サーバ名:/htdocs/sample/
このエントリーをはてなブックマークに追加