VRMLを見るには、閲覧方法 - Cortona

更新:

VRMLを見るには、閲覧方法。

VRMLを見るには、閲覧方法
  1. VRMLの閲覧
    VRMLを見るには、ソフトやプラグインをインストールする必要があります。
    現在は、Cortonaというソフトが有効なようです。
    http://www.cortona3d.com/ からダウンロードできます。
    他のVRMLプラグインをインストールすると、Cortonaが起動しなくなり、ウェブ上でVRMLを見られなくなる場合があります。
    (VRMLファイルの関連付けが変わり、VRMLファイルをテキストで開いたり、ダウンロードをしてしまう)
    その場合は、マニュアル・セットアップで再インストールすると、元通りVRMLファイルを開いたときにCortonaを起動することができます。
  2. 昔のプラグイン
    昔はVRMLのプラグインがいくつかありました。
    特にCOSMO PLAYER(SGI)が有名でしたが、今は開発が停止されていて、現在の環境では動作しません。
    他にもCommunity Place(SONY)、VRML2.0 Viewers(Microsoft)などがありました。
  3. Cortonaの操作方法
    1. 前進後進
      マウスで画面の上側にドラッグすると、空間内を前進します。
      画面の下側にドラッグすると後進します。
      (↑↓キーでも同じ)
    2. 左右旋回
      マウスで画面の左側にドラッグすると、空間内を左に旋回します。
      画面の右側にドラッグすると右に旋回します。
      (←→キーでも同じ)
    3. 上昇下降
      左にあるメニューの「study」を選択し、マウスで画面の上側にドラッグすると、視点が上昇します。
      下側にドラッグすると、視点が下降します。
    4. 左右移動
      左にあるメニューの「pan」を選択し、マウスで画面の左側にドラッグすると、視点が左に移動します。
      画面の右側にドラッグすると、視点が右に移動します。
    5. 高速移動
      [Shift]キーを押しながら移動すると速く移動できます。
      [Ctrl]キーを押しながら移動すると、さらに速く移動できます。
      [Ctrl + Shift]キーを押しながら移動すると、かなり速く移動できます。
  4. Cortonaのサンプル画面
    VRML
このエントリーをはてなブックマークに追加