サクラエディタ用JavaScript強調キーワード(シンタックスハイライト)、入力補完、ヘルプの設定

更新:

サクラエディタ用のJavaScript強調キーワード(シンタックスハイライト)、入力補完、ヘルプの設定方法、使い方。
対象 : サクラエディタ 2.x

JavaScriptの色分け表示

強調キーワードとはメソッドなどを色分け表示する機能のことで、シンタックスハイライトとも呼ばれます。 サクラエディタには JavaScript.kwd というファイルが同梱されていて、自分で設定して JavaScript のキーワードを強調表示できますが、このファイルが少し古いようなので強調キーワードとヘルプのファイルを作りました。 使いたい方は サクラエディタ用JavaScript強調キーワード をダウンロードして使って下さい。

同梱の readme.txt にも書きましたが、その説明を以下に記します。

  • 当ファイルはサクラエディタ用のJavaScript強調キーワード、およびヘルプ表示用のファイルです。
  • JavaSciprtのオブジェクト、プロパティ、メソッド等はたくさんありますが、必要そうなものだけ収録しています。 キーワードだけ用意し、ヘルプが未記入のものもたくさんあります。 足りないものは今後追加していく予定です。
  • 当ファイルは他の強調キーワードやヘルプと異なり、上位のオブジェクトがある場合、それを含むものと含まないもの両方を収録しています。 例えば、Math.log は、Math.log と log の両方を収録しています。 log だけでなく Math.log も載せることで、Math の入力補完を行うと、Math にどういうプロパティやメソッドがあるか分かります。 また、log には console.log もあります。 同名のプロパティやメソッドは1つにまとめ、log のヘルプを見ると Math.log と console.log 両方の説明が表示されるようになっています。 また、Math.log すべてを範囲選択してヘルプを見ると Math.log だけのヘルプが表示されます。 良いか悪いか分かりませんが、こういう作りにしてみました。

設定手順

上述のZIPファイルを展開(解凍)すると javascript_keyword.kwd、javascript_help.khp、readme_sakura_javascript_keyword.txt が入っています。 javascript_keyword.kwd が強調キーワード用ファイル、javascript_help.khp がヘルプ表示用ファイルです。 これらを C:\Program Files (x86)\sakura\keyword にコピーするか、好きな場所に置きます。

設定手順を以下に記します。 設定後、キーワードやヘルプのファイルを移動すると再設定が必要なので注意して下さい。

強調キーワード

サクラエディタのメニューの[設定]→[共通設定]の[強調キーワード]タブをクリックします。 [セット追加]をクリックし、セットの名称を「JavaSciprt」など適当に入力します。 [インポート]をクリックし、上述のファイル javascript_keyword.kwd を選択して読み込むと強調キーワード(シンタックスハイライト)が登録されます。 大文字小文字を区別したい場合は、[英大文字小文字区別]をチェックして[OK]をクリック。

タイプ別設定

サクラエディタのメニューの[設定]→[タイプ別設定一覧]から[設定17]など空いている設定を選択するか、空きがない場合は[追加]して[設定変更]をクリックします。

[スクリーン]タブは、「設定の名前」に「JavaSciprt」、「ファイル拡張子」に「js」を入力します。

[カラー]タブは、「色指定」内にあるシングルクォーテーションとダブルクオーテーションをチェック、「強調キーワード1 」で「JavaSciprt」を選択、「コメントスタイル ブロック型」に「/* ~ */」を指定、「コメントスタイル 行型」に「//」を指定します。

[支援]タブは[入力補完機能]にて「強調キーワード」にチェックを入れます(強調キーワードと同じファイルを使うことになります)。 大文字小文字を区別しない場合は、[英大文字小文字を同一視]をチェックします。

[キーワードヘルプ]タブは、まず[キーワードヘルプ機能を使う]をチェックします。 [辞書ファイル]の[...]をクリックし、上述の javascript_help.kwd を選択し、[挿入]をクリックします。

設定の確認

以上の設定を行い .js ファイルを開くとキーワードが強調(色分け表示)され、ヘルプも表示できます。 キーワードが強調されない場合は、すべてのサクラエディタのウィンドウを閉じたり、常駐している場合はそれも閉じ、再度ファイルを開きます。 また、メニューの[設定]→[タイプ別設定一覧]でJavaSciprtを選択して[一時適用]を試します。

HTML

HTML(.html)ファイルでも JavaSciprt を強調表示したい場合は、HTMLのタイプ別設定の[カラー]タブで、「強調キーワード」の「2~10」をクリックして「強調キーワード2」などで「JavaSciprt」を選択します。 コメントスタイルは HTML のもの(<!-- -->)に加えて、ブロック型 /* ~ */、行型 // を追加します。 色指定の中から「強調キーワード2」の色を好きな色に変更する。

使い方

入力補完とヘルプの使い方は以下の通り。

  • 入力補完
    JavaSciprt(.js)ファイルを開いた後、例えば「ins」と入力し、ins の文字のすぐ後にカーソルがある状態で[Ctrl]+[スペースキー]を押すと、ins で始まるメソッド等が一覧表示されます。
  • ヘルプ
    JavaSciprt(.js)ファイルを開いた後、強調表示されているオブジェクト、プロパティ、メソッド等を範囲選択した状態でそれらにマウスカーソルを重ねるとその説明が表示されます。
このエントリーをはてなブックマークに追加