Lightningとmicro-Bケーブル - 100均

更新:

2018年12月、100円ショップのダイソーでLightningケーブルを購入した。 これはアップル独自仕様のコネクタだが、普通に売っていた。 近所の店舗では家電関係の売り場に置いてあった。

この商品はmicro-Bも兼用になっていて、iPhoneだけでなくAndroidなどのスマホにも使える。 パッケージには「意匠登録出願中」と書かれている。 2.0A対応で、中国製。 主な材質は、コネクタがABS樹脂、コードが銅と塩化ビニル樹脂となっている。 この他、片方だけ対応した商品やUSB Type-Cなどもある。

パッケージ

長さは約50cmで、これはコネクタ部分を含まない。 私はAnkerの製品も持っているが、それはコネクタ部分を含む長さだった。 純正品は細く、たまに断線して機能しなくなることがあるが、本商品はフラット形状で太く、丈夫そうに見える。 耐久性は定かではないが、安いしまた買えばよいだろう。

外観

パッケージ裏面に挿入方向の説明があるが、機種によって異なるので、自分のスマホの挿入口(メス側)をよく確認した方が良い。 まず、このコネクタはLightningのピン(接点)が片側だけにある。 挿入口を見ると、バーコードのように並んでいるピンが上下どちらかに付いているので、オス側のピンが当たるように挿す。

Lightning

micro-Bは挿入口を見るとバーがあるので、その向きに合わせて挿す。 機種によっては奥まで入らないが、特に問題はない。 無理に押し込まないようにする。

micro-B

iPod touch(第6世代)の充電、およびパソコンとの通信ができた。

iPod touch(第6世代)

さらにファーウェイのP8 liteの充電、およびパソコンとの通信も確認した。 ただ、精度が少し甘いのか、やや反応が悪い印象がある。 個体差もあるだろう。 とりあえず予備としては使える。

ファーウェイP8 lite
このエントリーをはてなブックマークに追加