DxOMark OM-D E-M10、EOS M3 センサー性能スコア比較

更新:

DxOMarkによるOM-D E-M10、EOS M3などのセンサー性能のスコア比較。

DxOMark センサースコア

久しぶりにDxOMarkのサイトを見たら見やすくなっていた。
去年か一昨年くらいにサイトのデザインが変わったときは、それ以前より見にくくなり残念だったが、改善されて良かった。

それはともかく、キヤノンのEOS M3のスコアが過去のモデル(M2やM)より良くなっていることに気づいた。
ダイナミックレンジは相変わらずのスコアだが、Color Depth(色深度)は少し良くなっている。
また、M3(24.2MP)はM2(18MP)より画素数が増えているにも関わらず、ISO感度が良くなっている。
キヤノン製センサーの性能は、ここ最近変化がない印象だったが、一応昔よりは良くなっているようだ。
やっと昔のソニー製APS-Cや現行ソニー製4/3インチセンサーに追いついてきた程度だが、キヤノンユーザーとしては嬉しい。

私は今キヤノンのEOS 6DとPowerShot G15を使っている。
主に風景は6D、サイトに掲載する商品などの写真はG15で撮っている。
G15は買い替えを検討していて、PowerShot G7 Xが発売時から気になっていたが、先日(2015年10月13日)今までのGシリーズと似たスタイルのPowerShot G5 Xが発表された。
ただ、初値は約10万円(税込)で高い。
G5 Xのセンサーはキヤノンのサイトに裏面照射型と書いてあるので、おそらくソニー製だろう。
G7 Xも巷ではソニー製と言われており、DxOMarkのスコアがソニーのRX100と近く、古いキヤノン製APS-Cセンサーとスコアがあまり変わらない。

もう1つ気になっている機種がオリンパスのOM-D E-M10。
発売時から注目していて、価格が下がったら買おうと思っていたら1年以上過ぎてしまった。
2015年10月現在ビックカメラ.comにて、E-M10は58,330円(税込)、G7 Xは68,040円(税込)。
既に2代目のE-M10 Mark IIが出ているためか、ヨドバシ.comではE-M10は販売終了となっていた。

※DxOMarkのスコアは、あくまでDxOMarkの基準で測定した結果であり、カメラの性能を正しく表しているとは限らない。

メーカー・機種名 Overall Score(総合スコア) Portrait (Color Depth) Landscape (Dynamic Range) Sports (Low-Light ISO)
SONY α7II 90 24.9 13.6 2,449
SONY α6000 82 24.1 13.1 1347
Canon EOS 6D 82 23.8 12.1 2340
SONY NEX-5N 77 23.6 12.7 1079
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II 73 23.0 12.4 896
Canon EOS M3 72 22.8 11.8 1169
OLYMPUS OM-D E-M10 72 22.8 12.3 884
Canon PowerShot G7 X 71 23.0 12.7 556
SONY DSC-RX100 IV 70 22.9 12.6 562
Canon EOS 7D Mark II 70 22.4 11.8 1082
Canon EOS M2 65 22.1 11.4 855
Canon EOS M 65 22.1 11.2 827
Canon PowerShot G16 54 21.0 11.7 230
Canon PowerShot G15 46 19.9 11.5 165
(DxOMark, Camera Database)
このエントリーをはてなブックマークに追加