Mxfans ショックアブソーバー、アルミオイルダンパー

更新:

Mxfans ショックアブソーバー、アルミオイルダンパーの外観、サイズ。1/10EPバギー・オフロード用、中華ダンパー。

Mxfans ショックアブソーバー

アマゾンでアルミ製のオイルダンパーを探していたら、Mxfansが販売しているオイルダンパーを見つけた。
Mxfansが何者なのか分からないが、中国に会社があるらしく、値段が安い。
ショックアブソーバー以外にもRCカーのいろいろなパーツを販売している。
どの商品もアマゾンでの取扱開始日は2016年が多いので、今年あたりからアマゾンに登場したのだろうか。

【パッケージ】
2016年7月6日、アマゾンで注文し、中国の広東省東莞市から届いた。
パッケージは簡素で、袋にダンパーとビス類が入っている。
ダンパーは組立済み。
Mxfans ショックアブソーバー、アルミオイルダンパー パッケージ

【外観】
1/10EPバギーに使えそうな長さの製品は、F103004 85mm、F104004 90mm、F106004 100mm、F108004 108mmあたりで、それぞれ2本入りで800円前後。
関東地方への送料は40円で、商品1つ追加ごとに10円加算されていく。
カラーバリエーションが豊富で、イエロー、オレンジ、グリーン、シルバー、ダークブルー、チタンカラー、パープル、ブラック、ブルー、レッドがある。
付属のビスはM3で長さは約16mmだが、ダンパーを4セット(8本)注文したうち何本か約14mmも混じっていて結構適当。
また、1本だけキャップが斜めにはめられていて、ねじ山が少しおかしくなっていた。
幸いキャップを取り外して締め直すことができた。
下のボールエンドは予めボールカラーがはめこまれているが取り外せる。
Mxfans ショックアブソーバー、アルミオイルダンパー 外観

【構造、構成パーツ】
まず、シリンダーの中に少しだけオイルが入っているので、キャップを開けるとき注意する。
構造はシンプルで、最小限のパーツで構成されている印象。
シャフトの太さは実測約3mm、シリンダー内径約10mmで標準的な大きさ。
スプリングは85mm、90mm、100mm、108mmともに外径は同じ。
タミヤのCVAダンパーやDF-03アルミオイルダンパーのリア用とほぼ同じ外径(製品によるがタミヤのフロント用は外径が少し小さい)。
京商のオプティマ(復刻版)のスプリングもだいたい外径が同じ。
このダンパーのボールカラーを取り除いたボールエンドの穴径は約φ5.8で、京商の復刻版スコーピオンやオプティマにそのまま取り付けられる。
ただ、取り付け箇所によってはキャップまわりがボディやショックステーと干渉するので、スペーサーなどを用意したり、ボディをカットする必要がある。
タミヤはφ5mm(実測φ4.7くらい)のピロボールとボールエンドなので、タミヤ車に取り付けるにはボールエンドを交換するか、付属のボールカラーを使ってネジ止めする。
ボールカラーの穴径はM3のビスが丁度入る大きさで、タミヤの復刻車やエントリーモデルなどもビス止めの場合はM3のビスを使っている。
Mxfans ショックアブソーバー、アルミオイルダンパー 構造、構成パーツ

【ピストンの形状】
ピストンはEリングで固定されている。
ピストンの外径は実測9.5mm前後でシリンダーとの隙間が大きく、穴も大きく、粘度#300(300cSt)のシリコンオイルではオイルの減衰が得られずスカスカで、ダンパーの機能を果たさなかった。
もっと高粘度のオイルを想定しているのだろうか。
とりあえず手持ちの2穴のピストンに交換したら多少良くなった。
オプティマ(復刻版)やDF-03アルミオイルダンパーで余ったピストンは外径が実測9.8mm前後、シャフトの穴径も同じなのでそのまま使えた。
Eリングを破損した場合は2.5mmのものが合う。
ダイヤフラム(オイルシール)が小さいせいか分からないが、オイルの量の調整が難しく、いつものようにわりとギリギリまでオイルを入れるとピストンの動きが悪くなる。
また、上下のキャップからややオイルが漏れるので、キャップ内にシリコーングリスを塗ってみたら多少マシになった。
Mxfans ショックアブソーバー、アルミオイルダンパー ピストンの形状

【長さ比較】
写真左から順に85mm、90mm、100mm、108mmで、100mmは実測98mmくらい、90mmは実測89mmくらいで気持ち小さい。
100mmのスプリングはなぜか太く、統一感がない。
ダンパーの長さが自分のRCカーに合わない場合は少し長いものを買って、スペーサーなどを用意して長さを調整する。
ただ、ダンパー長を短くするとスプリングがきつくなるので、スプリングを別途用意した方が良いかもしれない。
Mxfans ショックアブソーバー、アルミオイルダンパー 長さ比較

このダンパーは見た目はわりと良いので、観賞用としては良いかもしれないが、走行用として使うのはあまりオススメしない。
ピストンを交換するなど自分でカスタマイズするなら多少使えるかもしれない。
このエントリーをはてなブックマークに追加