京商 オプティマ(復刻版)RCメカの取り付け

更新:

京商 オプティマ(復刻版)RCメカの取り付け。ESC(アンプ)、受信機搭載。

京商オプティマ(復刻版)にRCメカを取り付ける

組み立てと塗装が終わり、あとはRCメカを載せるだけ。
載せ方はいろいろあるけど、とりあえず組立図通りに載せた。

【受信機】
受信機はメカプレートの上に載せる。
両面テープではなく、いつものように面ファスナー(マジックテープ)で貼り付けた。
小型なESCだったり、ドライバー人形を取り付けない場合はESCもここに載せられる。
一応ドライバー人形が防塵カバーの役割を果たす。
アンテナパイプは取り付けず、アンテナコードは適当にダンパーステーに絡ませた。
京商オプティマ2016(復刻版)(KYOSHO OPTIMA)RCメカの取り付け 受信機

【ESC】
ESCはメカプレートの裏面に面ファスナーで貼り付けた。
モーターとESCのコードの接続はダンパーステー中央の穴に通すと丁度良いが、ボディとリアプレートの隙間があまりなく、コードが太い場合ボディが少し浮き、若干ボディがはめにくくなる。
私はボディのギアカバーのところをカットしていないので、ボディが左側にやや傾いているせいもあるかもしれない。
とりあえずコードはダンパーステーとダンパーの間に通した。
京商オプティマ2016(復刻版)(KYOSHO OPTIMA)RCメカの取り付け ESC

【スイッチ】
電源スイッチはESCと反対側のメカプレート裏面に面ファスナーで貼り付けた。
京商オプティマ2016(復刻版)(KYOSHO OPTIMA)RCメカの取り付け スイッチ

【メカプレート裏面】
ESCとスイッチはこんな配置。
RCメカの種類はいろいろあるから、人によって配置の仕方は違うだろう。
京商オプティマ2016(復刻版)(KYOSHO OPTIMA)RCメカの取り付け メカプレート裏面

【最終形】
最終的にESCは向きを変えて、バッテリーのコードはシャーシの中を通してESCと接続させた。
京商オプティマ2016(復刻版)(KYOSHO OPTIMA)RCメカの取り付け 最終形
このエントリーをはてなブックマークに追加