青柳金属工業(AYK)バイパーシャトル

更新:

青柳金属工業(有)のRCカー バイパーシャトル(Viper Shuttle)のパッケージ、外観写真など。
1/10スケール 電動R/C チェーンドライブ4WD レーシング・オフローダー

青柳金属工業 バイパーシャトル

2015年1月、ヤフオクで青柳金属工業(AYK)のバイパーシャトルを落札した。
去年からRCカーを始めて、ほぼ毎日ヤフオクを見ているが、バイパーまたはバイパーシャトルの出品は少ない。
今回珍しく出品されたので、かなり価格が高かったけど手に入れた。

バイパーシャトルは私が小学生の頃(1980年代)持っていたRCカーの1つ。
性能はイマイチだったのでタミヤのブーメランをメインに使っていたが、一応当時持っていたRCカーなので思い入れがある。
残念ながら当時持っていたRCカーは実家に置いておいたら捨てられてしまったのでヤフオクで再び手に入れた。

【パッケージ表】
外箱付きで出品されていた。
先に発売されたバイパーはボディがパイプフレームで、そのあとに発売されたバイパーシャトルはポリカーボネートボディ。
京商のオプティマやマルイのサムライのようなスリムなシャーシがカッコイイ。
青柳金属工業 バイパーシャトル(AYK Viper Shuttle)パッケージ表

【パッケージ下側面】
メタルビーム・モノコックフレーム、ギヤボックス、ユニバックルジョイント、セミトレーリングサスペンションなどの説明。
フロントのドライブシャフト(ユニバックルジョイント)は中にスプリングが入っていて伸縮する。
青柳金属工業 バイパーシャトル(AYK Viper Shuttle)パッケージ下側面

【パッケージ右側面】
定価はいくらか忘れたけど、26,000円の値札が貼ってある。
青柳金属工業 バイパーシャトル(AYK Viper Shuttle)パッケージ右側面

【パッケージ上側面】
フロントに新設されたナックルストッパー、ピンスパイクタイヤ、オイルダンパーなどの説明。
ナックルストッパーはナックルアームが必要以上に内側に入り込むのを防ぐ。
青柳金属工業 バイパーシャトル(AYK Viper Shuttle)パッケージ上側面

【パッケージ左側面】
青柳金属工業 バイパーシャトル(AYK Viper Shuttle)パッケージ左側面

【フロント】
ボディは未塗装だけど、やや汚れている。
ウイングは欠品。
ウイングは他のRCカーのものを代用しようと思う。
青柳金属工業 バイパーシャトル(AYK Viper Shuttle)フロント

【リア】
モーターはマグナム360Lがキットに付属しているはずだが、普通の540モーターが付いていた。
青柳金属工業 バイパーシャトル(AYK Viper Shuttle)リア

【側面】
ギヤやサスペンションの動きは渋い。
ただ、子供の頃持っていた新品も似たようなものだったので、これが普通。
4輪が均等に地に着いている感じがしないことや、サーボを動かすとロッドがボディに当たるのも当時と同じ懐かしい。
大人になった今、少しでもよく動くように調整してみたい。
青柳金属工業 バイパーシャトル(AYK Viper Shuttle)側面

【上面】
プロポは付いていなかったが、RCメカは載っていた。
BECではないので電池ボックスも付いている。
青柳金属工業 バイパーシャトル(AYK Viper Shuttle)上面

【底面】
タイヤが少し凹んでいる程度で、全体的に傷は少なく状態が良い。
青柳金属工業 バイパーシャトル(AYK Viper Shuttle)底面

【フロント】
青柳金属工業 バイパーシャトル(AYK Viper Shuttle)フロント

【リア】
チェーンはむき出し。
青柳金属工業 バイパーシャトル(AYK Viper Shuttle)リア

【スピードコントローラー】
置き場に困るセメント抵抗(レジスター)。
青柳金属工業 バイパーシャトル(AYK Viper Shuttle)スピードコントローラー

【車体重量】
車体重量は、シャーシにボディ(ウイングなし)、RCメカ、モーター付きの状態で1,391g。
金属パーツが多いので見るからに重いし、実際重いが、もっと重いものだと思っていた。
タミヤのスーパーショットや京商のギャロップMKIIの方が重いかもしれない。
青柳金属工業 バイパーシャトル(AYK Viper Shuttle)車体重量

【デカール】
デカールは未使用で、使うのがもったいない。
青柳金属工業 バイパーシャトル(AYK Viper Shuttle)デカール

2台目の バイパーシャトル に続く。
このエントリーをはてなブックマークに追加