青柳金属工業(AYK)566Bスーパートレール

更新:

青柳金属工業(AYK)の566Bスーパートレール(566B Super Trail)のパッケージ、外観写真など。
1/10スケール 電動R/C 2WD オフロードカー

青柳金属工業 566Bスーパートレール

2014年10月、ヤフオクで青柳金属工業(AYK)の566Bスーパートレールを落札した。
私は小学生の頃(1980年代) AYKのバイパーシャトル を持っていたが、実家に置いておいたら捨てられてしまった。
今年からRCカーを始めて、再びAYKのバギーを手に入れようとよくヤフオクを見ているが、AYKのバギーは出品が少ない。
出品されたとき何度か入札に参加しているが、高値で簡単には落札できない。
今回落札した566Bスーパートレールも結構高値だったが、運良く落札できた。
ただ、一番手に入れたいのはやはりバイパーかバイパーシャトルで、いつか手に入れたい。

【パッケージ表】
箱はRCカーが丁度入るくらいの大きさ。
青柳金属工業566Bスーパートレール(AYK 566B Super Trail)パッケージ表

【パッケージ下側面】
ボディはBAJA BISON(バハ・バイソン)とAMERICAN PICK UP(アメリカン・ピックアップ)があり、今回手に入れたものはバハ・バイソンのボディだった。
青柳金属工業566Bスーパートレール(AYK 566B Super Trail)パッケージ下側面

【パッケージ右側面】
箱にはなぜかアメリカン・ピックアップのシールが貼られている。
MADE IN JAPANで、価格は19,800円。
青柳金属工業566Bスーパートレール(AYK 566B Super Trail)パッケージ右側面

【パッケージ上側面】
「ロード・レーサーで鍛え抜かれたAYKのノウ・ハウが生かされた初のオフ・ロード・カー、スーパートレール」と書かれている。
AYKはオンロードカーを既に発売していたが、オフロードカーはスーパートレールが初めて。
青柳金属工業566Bスーパートレール(AYK 566B Super Trail)パッケージ上側面

【パッケージ左側面】
当時AYKは東京都江戸川区北小岩にあった。
青柳金属工業566Bスーパートレール(AYK 566B Super Trail)パッケージ左側面

【組立説明書(マニュアル)】
青柳金属工業566Bスーパートレール(AYK 566B Super Trail)組立説明書(マニュアル)

【ボディ(フロント)】
ボディはこのままでも良いけど、パッケージに載っているオリジナルのカラーリングで塗ってみたい。
欠品はライト、ドライバー人形、デカールなど。
青柳金属工業566Bスーパートレール(AYK 566B Super Trail)ボディ(フロント)

【ボディ(リア)】
ダンパーは細くてやや頼りない。
青柳金属工業566Bスーパートレール(AYK 566B Super Trail)ボディ(リア)

【ボディ(側面)】
タイヤは少し汚れているが、凹みや傷はなく良好。
青柳金属工業566Bスーパートレール(AYK 566B Super Trail)ボディ(側面)

【シャーシ】
このシャーシは京商のスコーピオン(1982年発売)と似ている。
566Bスーパートレールは1981年発売だが、京商はラリースポーツ(1979発売)やサーキット20(1976年発売)で既にこのようなラダーフレームを採用している。
青柳金属工業566Bスーパートレール(AYK 566B Super Trail)シャーシ

【上面】
青柳金属工業566Bスーパートレール(AYK 566B Super Trail)上面

【底面】
元オーナーがビスをいくつか無くしたようで、何箇所かオリジナルとは違うビスが使われていた。
青柳金属工業566Bスーパートレール(AYK 566B Super Trail)底面

【リア】
モーターを中心に配置したこのギヤボックスが特徴的でノンデフ。
モーターはAYK GZ1200Rが付いていた。
青柳金属工業566Bスーパートレール(AYK 566B Super Trail)リア

【メカボックス】
RCメカは弁当箱のようなメカボックスに両面テープで固定する。
バッテリーは7.2Vストレートパックがギリギリ入る。
青柳金属工業566Bスーパートレール(AYK 566B Super Trail)メカボックス
このエントリーをはてなブックマークに追加