ノーベル VC-3000、原材料・栄養成分

更新:

私が最もよく買う飴がノーベル製菓のVC-3000のど飴で、もともと冬に喉の乾燥を抑えるために買っていたが、気に入って年中手元に置くようになった。 10年以上買い続けている。 ただ、毎日なめているわけではない。 風邪の予防にどのくらい効果があるか分からないが、ビタミンCも摂取できる。 冬によく売れるのか、テレビCMをよく見かけ、近所のスーパーでは売り切れていることもある。 1袋160円程度で売られている。

商品名は1パッケージにビタミンCが3000mg含まれていることに由来する。 1粒当たりのビタミンCが140mgと書かれているので、1袋に20粒程度入っている計算になる。

また、ノンシュガーなのも良い。 VC-3000では砂糖の代わりにアスパルテームが使われている。 アスパルテームは人工の甘味料で、発がん性・毒性があるという報告もあり、それを気にしている人もいるようだが、現在十分な証拠がなく否定されているようだ。

VC-3000のど飴・パッケージ

最近では当たり前だが、個包装されていて、しっかり密閉されている。 実測で直径は約18mm、厚さは約12mm。

VC-3000のど飴・個包装

タブレット

VC-3000はプラスチックのボトルに入ったタブレットタイプもある。 コンピュータのことではなく、錠剤・錠菓という意味である。 近所にある食品なども売られている薬局では、飴ではなく、ガムなどの近くに置かれている。 けっこう量が入っているためか飴より若干値段が高く、店によるが450円程度で売られている。

食感としては森永製菓などから販売されているラムネのお菓子に近い。 こちらは飴と違い砂糖が含まれているが、甘さは飴より控えめで、ほぼ感じられない。 アスパルテームが含まれていないため、タブレットの方を好む人もいるようだが、私はノンシュガーの飴の方が気に入っている。 年を取ると歯が弱くなってくるのか、甘いものを食べる頻度が高いと虫歯の気配を感じることがあるので、砂糖が多い菓子は極力避けている。

わりと厚さがあり、実測で約8mm。 直径は約15mm。

原材料・栄養成分

前述の通り、飴とタブレットでは原材料が異なる。 アスパルテームと砂糖の有無もそうだが、飴にだけビタミンB1・B2が含まれている。 また、飴は商品の名称がキャンデーとなっているが、タブレットは清涼菓子と書かれている。

最も気になるビタミンCの含有量は、1粒当たりでは飴の方が多く、140mg含まれている。 タブレットの方は122mgだが、少ないわけではない。 1ボトルにレモン果汁約600個分と書かれている。 内容量が150g、1粒が1.5gなので、単純計算で100個ほど入っていることになる。 つまり1粒がレモン約6個分ということになる。 1粒にレモン約1個分を謳うカバヤ食品のフルーツのど飴は、ビタミンCが1粒当たり26mg程度となっているので、だいたい計算が合う。 また、飴には10粒入りのスティックタイプもあり、1粒当たり300mgのビタミンCが含まれていて袋タイプの約2倍となっている。 ビタミンCを摂取する手段としては栄養食品などもあるが、そういったものに抵抗がある人には菓子の方が気軽に食べられるので良い。

種類 のど飴(袋タイプ) タブレット
名称 キャンデー 清涼菓子
原材料名 還元パラチノース、還元水飴、ハーブエキス、カリンエキス/ビタミンC、香料、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物、ステビア)、着色料(ウコン)、ビタミンB2、ビタミンB1 砂糖、水飴、ビタミンC、酸味料、ショ糖エステル、香料、ベニバナ黄色素
内容量 90g(個包装紙込み) 150g
栄養成分表示 1粒(3.8g)当たり
エネルギー8.5kcal、たんぱく質0.01g、脂質0.01g、炭水化物3.72g(糖類0g)、食塩相当量0.004g、ビタミンC 140mg、ビタミンB1 0.007mg、ビタミンB2 0.008mg
1粒(1.5g)当たり
エネルギー6.1kcal、たんぱく質0g、脂質0.03g、炭水化物1.46g、ナトリウム0.09mg、ビタミンC 122mg

※上表はパッケージに記載されているものであり、公式ウェブサイト等に記載されているものと異なる可能性があります。
※発売時期により内容が異なる場合があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加