パスタケース - 100均

更新:

パスタを1袋買っても1人では1日で使い切れないので保管することになるが、私は今まで元の袋に入れたまま保管していた。 ただ、それだと洗濯ばさみや輪ゴムでは口が塞ぎにくいし、麺が袋からこぼれ落ちそうになったり都合が悪い。 そこで良い容器がないかと100円ショップのダイソーへ探しに行ったらパスタケース(ロング)を見つけた。 近所の店舗では調理器具ではなく、タッパーなどプラスチック容器が並ぶ「キッチンプラ」という売り場に置かれていた。

色違いや形状の異なる商品もあったが、シンプルで使いやすそうな本商品を選んだ。 容器内側の高さは27.7cmで、一般的な長さのパスタが2~3cm程余裕を持って入る。 容量は1.3Lで、説明には約1.2kg(300g入り×4袋分)入ると書かれている。 材質はポリプロピレンで、耐熱温度が120℃、耐冷温度が-20℃となっている。 一応日本製。 密閉性は低いが、乾麺なので水気に気をつければカビの心配はないだろう。

外観

キャップ上部には100gと200gの計量用の穴があり、スライドさせることで開閉でき、必要な分だけ取り出せるようになっている。 ただ、おそらくスライド部が逆に取り付けられていて、200gの方が途中までしか開かない個体も稀に見かける。 そのため購入前に確認するか、自分で付け直す必要がある。 こういうのは他の商品でもわりと見かけ、洗浄スプレーのノズルの噴霧と直噴が逆に取り付けられていたこともあった。

計量穴

実はダイソーには、これと全く同じ形状の麦茶などを入れるボトルがあり、キャップの構造だけ異なっている。

スライドさせた状態

パスタは100gずつなど束になっている親切な商品もあるが、たいていは束になっていない。 量が多いものは1袋に1kg入っているが、このケースに丸ごと入れることができる。

パスタの袋

上部のキャップはやや固いが取り外すことができるので中を洗うことができる。 2013年に購入し、2019年まで6年ほど使っているが、たいへん重宝している。

使用例
このエントリーをはてなブックマークに追加