宿根ブラキカム(ブラキコメ)の栽培(2016年)ヒメコスモス

更新:

宿根ブラキカム(ブラキコメ)の栽培。
栽培環境 : 鉢植え、培養土、ベランダ、関東地方

宿根ブラキカム(ブラキコメ)を育てる(2016年)

近所の園芸店で宿根ブラキカムを見つけて購入した。



2016年3月23日~24日
【宿根ブラキカム】
花は淡い紫というかピンクのような色で、小さくて可憐。
葉はわさわさと多い。
今は草丈10cm程度だが、品種によってはもっと伸びるものもあるようだ。
宿根ブラキカム ビニールポット

【育て方、性質】
札に書かれている「tappet bull」というのは品種なのだろうか、ネットで検索しても情報が何もない。
キク科でオーストラリア原産、宿根草で、花期は春から秋と長い。
開花期間中は液体肥料を2週間に1回程度与えると書かれている。
多湿に弱いので水のやり過ぎに注意する一方、土の乾かし過ぎにも注意が必要らしく、デリケートなのかと思いきや、丈夫で育てやすいという話を聞く。
とりあえず育ててみないと分からないな。
宿根ブラキカム 育て方、性質

【7号鉢】
ブラキカムは寄せ植えの素材に使われるらしいが、単独でダイソーの7号鉢に植えた。
花弁(舌状花)は夜になると丸まるタイプ。
宿根ブラキカム 7号鉢
このエントリーをはてなブックマークに追加