Twitterデータのログイン履歴にある「The Counter」、アメリカ合衆国とは何なのか

更新:

Twitterデータのログイン履歴に「The Counter」、アメリカ合衆国と表示される。

ログイン履歴にある「The Counter」とは

2015年7月15日、Twitterにログイン履歴を確認できる機能が追加された。
ログイン履歴には、Twitterにログインしたアプリ、日時、IPアドレスと国名が表示される。
主にアカウントの乗っ取りなど、自分以外の人がログインしていないか確認するために利用する。
というわけで私もログイン履歴を見てみると、「The Counter」というアプリでアメリカ合衆国からのログインが見つかった。
「The Counter」というアプリは知らないし、この時間にログインした記憶もない。
アプリ連携が原因だと分かるのは少しあとのことだった。

ログイン履歴の説明文にある「アプリ連携」のリンクをクリックすると、自分がTwitterで使っているアプリが表示される。
その中に「The Counter 開発者: Twitter Counter」というものがあった。
Twitter Counterというサービスがあり、かなり前に使った記憶がある。
身に覚えがないログインの原因はこれのようだ。
今はTwitter Counterを使っていないので、[許可を取り消す]をクリックしてアプリ連携から削除した。
Twitter Counterだけでなくアプリ連携を許可したアプリは自分がログインしていないときにもログインして履歴に残ることがあるので、気になる人は必要のないアプリの連携を取り消すと良い。

【ログイン履歴】
ログイン履歴は、ウェブブラウザでTwitterにログインし、[設定]→[Twitterデータ]にある。
ログイン履歴の参照にはパスワードの入力が必要。
Twitterデータのログイン履歴にある「The Counter」、アメリカ合衆国

【アプリ連携】
アプリ連携は、ログイン履歴の説明文にあるリンクをクリックするか、[設定]→[アプリ連携]で見られる。
各アプリは、[許可を取り消す]ボタンをクリックするとアプリ連携から削除できる。
「Twitter for iPhone」と「iOS」はiOS版(iPhone、iPod touchなど)の公式アプリ、「Twitter for Android」はAndroid版公式アプリを使っているとアプリ連携に表示される。
Twitterのアプリ連携
このエントリーをはてなブックマークに追加