withフレッツとは - NTT光ファイバー回線、プロバイダ乗り換え・変更

更新:

プロバイダのwithフレッツサービスの契約。

withフレッツとは

withフレッツとは、プロバイダの契約にNTTの回線の契約もセットになったサービス。
フレッツとは、NTTの回線サービスの名称で、フレッツADSL、フレッツ光(Bフレッツ、フレッツ光ネクスト、フレッツ・光プレミアム)などがある。

通常インターネットをするには、回線の契約とプロバイダの契約が必要。
例えば、回線はNTTのフレッツ光、プロバイダはビッグローブを使用する場合、NTTとビッグローブの両方と契約手続きをする必要がある。
この手間を省くためにプロバイダ各社は、withフレッツのコースを設けて、プロバイダからの手続きのみでフレッツ回線の契約も済ませられるようにしている。
withフレッツの月額料金は、プロバイダ利用料にフレッツ回線の料金も含んだ料金になっている。
一般的に毎月の料金請求は、プロバイダからまとめて口座から引き落とされる。

プロバイダではwithフレッツ以外に、回線とプロバイダを個別に契約できるコースも設けている。
既に回線だけ契約を済ませている場合は、withフレッツではないコースで契約する必要がある。
同じプロバイダであれば、個別契約コースとwithフレッツコースとでは、withフレッツの方がやや料金が安い場合がある。
毎月の料金請求は、回線とプロバイダの2社別々に口座から引き落とされる。

個別に契約する場合は、回線はNTTと契約し、プロバイダは複数の会社と契約し、プロバイダを使い分けてインターネットをする利用法がある。
また、プロバイダのアクセス規制に嫌気をさして他のプロバイダに乗り換えたいといった場合には、プロバイダだけ解約し、新たに別のプロバイダと契約するだけなので便利である。
withフレッツの場合は、プロバイダと回線の両方を同時に解約することになる。
こういった使い方をしない場合は、分かりやすいwithフレッツコースで契約した方が良いと思われる。


フレッツ回線、プロバイダとの契約

withフレッツで契約する場合は、プロバイダのサイトから契約手続きを行う。
回線開通からインターネット接続までの手順は、プロバイダから随時連絡がある。
withフレッツのサービスを行っている大手プロバイダは、OCN、Yahoo! BB、@nifty、BIGLOBE、So-netなどがある。

回線とプロバイダを個別に契約したい場合は、まずNTT(東日本または西日本)のサイトから回線の契約手続きを行う。
回線開通後、プロバイダとの契約手続きを行う。
プロバイダからインターネットの接続に必要なIDとパスワードが発行されるので、それを利用してインターネットに接続を行う。
このエントリーをはてなブックマークに追加