ドコモ ケータイ補償お届けサービス解約方法

更新:

ガラケーやスマートフォンを購入すると、店員が「ケータイ補償お届けサービス」や「ドコモドライブネット」などのオプションサービスを勧めてくる場合がある。 店によってはかなりプッシュしてくる。 2012年3月現在以下のような有料オプションサービスがあり、金額はスマートフォンの場合である。

  • ケータイ補償お届けサービス(月額399円)
  • ドコモドライブネット(月額315円)
  • iチャネル(月額157円)
  • ドコモ地図ナビ(月額315円)
  • ゆうゆうコール(月額189円)

さらに2013年5月16日、「ケータイ補償 お届けサービス」、「スマートフォンあんしん遠隔サポート」、「あんしんネットセキュリティ」をパッケージ化したあんしんパック(月額630円)と、「スゴ得コンテンツ」、「iコンシェル」、「クラウド容量オプション プラス50GB」をパッケージ化したおすすめパック(月額525円)が登場した。

店によっては低価格で購入するにはオプションサービスに入らないといけない場合があるかもしれない。 まともな店なら強制でない限り有料オプションサービスに入る必要はない。 強く意思表示すれば入らなくて済む。 興味があって契約したが、必要なくなったので解約したい場合は以下の方法で解約できる。

  • 電話で連絡
    連絡先は お問い合わせ | お客様サポート | NTTドコモ に書いてある。 携帯電話の場合「151」番で電話をかけ、音声ガイダンスを聞いた後、「0」番で担当者につながる。 私が電話したときは、用件を伝えた後、電話番号と名前を聞かれたので応え、数分で手続き終了。 同時に他のオプションも解約できる。 ドコモショップへ行ったり、解約ページを探すよりは、電話が一番楽かもしれない。 担当者の対応は丁寧だった。
  • ドコモショップ
    ドコモショップでも解約できる。
  • My docomo(パソコン)
    現在解約きできない。
  • spモード・dメニュー(スマートフォン)
    現在解約きできない。
  • iモード・iメニュー(フィーチャーフォンなどiモード利用可能な携帯電話)
    「iMenu」→「お客様サポート」→「各種設定」から手続きできる。

2010年12月21日時点、「ケータイ補償お届けサービス」の契約者数は約3000万人いるようだ。 「機種変更などの契約時にしか入れません」と言って店がかなり強く勧めてきたり、契約したのを忘れている人がいるためか、かなりの契約者数である。 iモードの公式有料サイトなどは、サイトにもよるが契約者数に対してアクティブなユーザーは3~4割程度など、契約したけど解約するのを忘れていたり、長期間未使用だったりする人が結構いる。 ケータイ補償お届けサービスは、補償はしてくれるがサービス利用時負担金が必要で、年間の利用回数が決まっている。 詳しくは ケータイ補償について | お客様サポート | NTTドコモ に書いてある。 私は試しに契約してみたが、最新機種でなければ比較的安く携帯電話が手に入るため結局解約した。

このエントリーをはてなブックマークに追加