パターンマッチング法とは - ウイルス検出方法

更新:

パターンマッチング法(ぱたーんまっちんぐほう)

パターンマッチング法

パターンマッチング法とは、検査対象プログラムにウイルスに特徴的なコードが存在するかを調べるウイルス検出方法の1つ。
予めウイルスの特徴を定義したリストを用意し、それに合致するかを調べる。
ウイルス対策ソフトでは、ウイルス定義ファイル(パターンファイル、シグネチャファイル)を随時更新し対応している。
パターンマッチング法は未知のウイルスの検出に向かない。
未知のウイルスを検出する方法の1つに ヒューリスティック法 がある。
このエントリーをはてなブックマークに追加