Windowsを指定した時間に自動的にシャットダウンさせる方法。タスクスケジューラでタスクを作成する。

更新:

Windowsを指定した時間に自動的にシャットダウンさせるタスクをタスクスケジューラで作成する。ダウンロードに時間がかかる場合などに。
対象 : Windows 10

Windowsを指定した時間に自動でシャットダウンさせる

オンラインゲームのクライアントデータのダウンロードやアップデート、動画のダウンロード、ドライブのデフラグなどをするとき、パソコンを放置しておき指定した時間にシャットダウンしたい場合がある。
シャットダウンさせるフリーソフトを使っても良いが、ここではWindowsに標準搭載のタスクスケジューラでシャットダウンする方法を説明する。

  1. [スタートメニュー]→[すべてのアプリ]→[Windows管理ツール]→[タスク スケジューラ]でタスクスケジューラを起動する。
    コントロールパネルの[システムとセキュリティ]→[管理ツール]からも起動できる。
  2. 左側のメニューの[タスク スケジューラ(ローカル)]が選択された状態で、上にあるメニューバーの[操作]→[タスクの作成]を選択。
    左側のメニューが表示されていない場合は、ツールバーにある◀マークのウィンドウアイコンをクリックすると表示される。
  3. [全般]タブで「名前」を「Windows終了」など好きな名前を付ける。
  4. [トリガー]タブで[新規]をクリックし、タスクを実行したい日付と時刻を設定する。
  5. [操作]タブで[新規]をクリックし、「プログラム/スクリプト」のテキストボックスに「shutdown」と入力し、「引数の追加(オプション)」に「-s」と入力する。
  6. 他の項目は好みに合わせて設定するが、基本的にデフォルトのままで良い。
    最後に[OK]をクリックして終了する。

一度作成したタスクは以下の手順で再利用できる。

  1. タスクスケジューラ左側のメニューの[タスク スケジューラ ライブラリ]を選択するとタスクの一覧に作成したタスクが表示されるので、タスクをダブルクリックして編集画面を表示する。
  2. [トリガー]タブで該当トリガーを選択して[編集]をクリックし、タスクを実行したい日付と時刻を変更する。
このエントリーをはてなブックマークに追加