画像、写真、動画ファイルなどを開く既定のアプリを変更する

更新:

Windows で画像、写真、動画ファイルなどを開く既定のアプリを変更する方法について。
対象 : Windows 10/8.1/8/7、Windows Media Player、フォトビューアー

Windows 10

既定のアプリを変更する方法はいくつかあり、対象ファイルを右クリックして変更するのが一番楽だと思われる。

右クリックで変更

例えば JPEG の場合以下のとおり。

  1. JPEG ファイルを右クリックし、メニューから[プログラムから開く]→[別のプログラムを選択]をクリックする。
  2. [常にこのアプリを使って.jpgファイルを開く]をチェックし、Windowsフォトビューアーなど使いたいアプリを選択後[OK]をクリックする。

GIF、PNG、MP4、WMV などどのファイルも同じ手順で使用するアプリを変更できる。

設定から

スタートメニューなどから[設定]を開き、[アプリ]→[既定のアプリ]→[ファイルの種類ごとに既定のアプリを選ぶ]と進み、対象の拡張子で使用するアプリを自分で選ぶ。 設定のメニューはウィンドウサイズにより表示が異なるが、ここではウィンドウを大きくした場合で説明している。

Windows 8

Windows 8 では、GIF、JPEG、PNG を開くアプリはデフォルトで[フォト]に設定されている。 ただし、Windows 8.1 Update あたりから Windows 7 などと同じくフォトビューアーが起動するようになった。

デスクトップでの作業で従来通りWindowsフォトビューアーを起動するように変えたい場合は以下の操作を行う。

  1. 例えばJPEGの場合、JPEGのファイルを右クリックし、[プログラムから開く]を選択し、[既定のプログラムの選択]をクリック。
  2. [すべての.jpgファイルでこのアプリを使う]をチェックし、[Windowsフォトビューアー]を選択する。

GIF や PNG なども変えたい場合は各形式で同じ操作を行う。 MP4 や WMV などの動画ファイルを再生させると、Windows 8 ではデフォルトで[ビデオ]が起動するが、これも同様に Windows Media Player に変更できる。 もちろん、Windowsフォトビューアーや Windows Media Player 以外の自分の使いやすいアプリに関連付けても良い。 各ファイル形式を一括して変更したい場合は以下の操作を行う。

  1. コントロールパネルから[既定のプログラム]→[既定のプログラムの設定]と進む。
  2. プログラムの一覧からWindowsフォトビューアーなど使いたいアプリを選び、[既定でこのプログラムで開く項目を選択する]をクリック。
  3. 関連付けたいファイル形式を選択し、[保存]をクリック。

Windows 7

Windows 7 では、GIF、JPEG、PNG を開くアプリはデフォルトで[Windowsフォトビューアー]に設定されている。 これを別のアプリに変更するには以下の操作を行う。

  1. 例えばJPEGの場合、JPEGのファイルを右クリックし、[プログラムから開く]を選択し、[既定のプログラムの選択]をクリック。
  2. [この種類のファイルを開くときは、選択したプログラムをいつも使う]をチェックし、[推奨されたプログラム]の中から自分が使いたいアプリを選択する。
    [ほかのプログラム]の右端の下矢印(▼)をクリックすると、他のプログラムも選択できる。

各ファイル形式を一括して変更したい場合は上記「Windows 8」を参照。

このエントリーをはてなブックマークに追加