WindowsのIPアドレスの設定

更新:

WindowsパソコンのIPアドレスの設定方法、固定のIPアドレスを設定したい場合など。
対象 : Windows 10/8.1/7

Windows 10/8

  1. タスクトレイにあるネットワーク接続のアイコンを右クリックし、[ネットワークと共有センターを開く]を選択。
    または[コントロールパネル]から[ネットワークとインターネット]の[ネットワークの状態とタスクの表示]を選択。
  2. 左メニューにある[アダプターの設定の変更]を選択し、該当ネットワークのアイコンを右クリックして[プロパティ]を選択。
    または[ネットワークと共有センター]のウィンドウ右側にあるリンク[イーサネット]をクリック後、[プロパティ]をクリック。
  3. [インターネット プロトコル バージョン 4 (TCP/IPv4)]を選択し[プロパティ]をクリック。
  4. IPアドレスを自動的に取得する場合(DHCP)は[IPアドレスを自動的に取得する]を選択。
    固定のIPアドレスを使用したい場合は[次のIPアドレスを使う]を選択。


Windows 7

  1. タスクトレイにあるネットワーク接続のアイコンをクリックし、[ネットワークと共有センターを開く]を選択。
    または[コントロールパネル]から[ネットワークとインターネット]の[ネットワークの状態とタスクの表示]を選択。
  2. 左メニューにある[アダプターの設定の変更]を選択し、該当ネットワークのアイコンを右クリックして[プロパティ]を選択。
    または[ネットワークと共有センター]のウィンドウ右側にあるリンク[ローカルエリア接続]をクリック後、[プロパティ]をクリック。
  3. [インターネット プロトコル バージョン 4 (TCP/IPv4)]を選択し[プロパティ]をクリック。
  4. IPアドレスを自動的に取得する場合(DHCP)は[IPアドレスを自動的に取得する]を選択。
    固定のIPアドレスを使用したい場合は[次のIPアドレスを使う]を選択。
  5. IPアドレスを自動的に取得する場合(DHCP)は「IPアドレスを自動的に取得する」を選択。
    固定のIPアドレスを使用したい場合は「次のIPアドレスを使う」を選択。


IPアドレスの設定例

[IPアドレス]は今設定を行うパソコンのIPアドレス。
[サブネットマスク]は通常 255.255.255.0 を入力。
[デフォルトゲートウェイ]はルータのIPアドレスで、製品により初期設定のIPアドレスが異なる。
[次のDNSサーバーのアドレスを使う]は自分が使用しているプロバイダのDNSサーバのIPアドレスなどを入力する。
設定例

IPアドレス : 192.168.11.3
サブネットマスク : 255.255.255.0
デフォルトゲートウェイ : 192.168.11.1
バッファローのルータのデフォルトのIPアドレスは 192.168.11.1 のものが多い。
NTTフレッツ光を利用し、NTTのルータを使用する場合、NTTのルータのデフォルトのIPアドレスは基本的に 192.168.1.1 となっている。
デフォルトのIPアドレスは製品によって異なるので取扱説明書やルータの管理画面等で確認する。

以下のようにNTTのルータ(有線)にバッファローの無線ルータ等を接続して使う場合、設定例はいろいろあるが、私は 192.168.1 または 192.168.11 どちらかにセグメントを合わせて使用している。
ネットワーク接続例

インターネット回線
  |
NTTルータ(192.168.1.1)
  |
バッファローの無線ルータ(192.168.1.2)
  |
PC(無線)(192.168.1.3 または 自動など)
[NTTルータ]と[バッファローの無線ルータ]はLANポートで接続。
[NTTルータ]はDHCPをON。
[バッファローの無線ルータ]は、IPアドレス 192.168.1.2、DHCP OFF、デフォルトゲートウェイ 192.168.1.1、アドレス変換 使用しない、本体のルータスイッチ(ルータ/ブリッジ)AUTOのまま。
ルータのIPアドレスは管理画面から変更できる。
プロバイダへの接続設定は[NTTルータ]で行い、[バッファローの無線ルータ]では設定しない。
このエントリーをはてなブックマークに追加