Windows でハードディスクがスリープ(停止)しないようにする。電源が切れる時間の変更。

更新:

Windows の内蔵・外付けHDDの電源がオフにならない設定、USBセレクティブサスペンド無効化。
対象 : Windows 10/8.1/8

ハードディスクのスリープ無効化

一定時間ハードディスクにアクセスがない場合、ハードディスクは省電力のためスリープ状態になる。 無駄な電力を消費しないのは良いが、いちいちハードディスクが停止すると使いにくいこともある。 そういうときはハードディスクがスリープする時間を変更すると良い。

以下の手順で設定を変更できる。

  1. スタートメニューの[Windowsシステムツール]にてコントロールパネルを開く。 古い Windows 10 や Windows 8.1 は、スタートボタンを右クリックすると「コントロールパネル」がメニューにある。
  2. コントロールパネルの[システムとセキュリティ]→[電源オプション]と進み、左メニューの[コンピューターがスリープ状態になる時間を変更]をクリックする。
  3. ウィンドウ下部にある[詳細な電源設定の変更]のリンクをクリックすると、電源オプションの詳細設定のウィンドウが表示される。
  4. [ハードディスク]→[次の時間が経過後ハードディスクの電源を切る]と進み、[設定]にて時間を変更する。 時間を0(ゼロ)にするとスリープしなくなる。 内蔵ハードディスクの場合はこれだけで良い。
  5. USBの外付けハードディスクの場合、上記の設定に加えて[USB設定]→[USBのセレクティブサスペンドの設定]と進み、[設定]を[無効]にする。

この電源オプションでは、ワイヤレスアダプターの省電力モード、ハイブリットスリープなども設定できる。

Windows でハードディスクがスリープ(停止)しないようにする。電源が切れる時間の変更。
このエントリーをはてなブックマークに追加