新品HDDのパーティション作成とフォーマット、2TB以上の大容量HDDの増設

更新:

新品HDDのパーティション作成とフォーマット、3TB、4TBなどの大容量HDDの増設。
対象 : Windows 10/8.1/8/7

パーティション作成とフォーマット

パーティション作成とフォーマットが行われていないHDDをPCに増設してWindowsを起動しても、エクスプローラー等に増設したHDDは表示されない。
デバイスマネージャー等には表示される。
こういったHDDを使うにはまずパーティションの作成とフォーマットを行う必要がある。
パーティションの作成はフリーソフトを利用しても良いが、Windowsにも標準でパーティション作成ツールが付いているのでこれを利用すると良い。
設定手順は以下の通り。

  1. コントロールパネルの[システムとセキュリティ]で管理ツールの下にある[ハードディスクパーティションの作成とフォーマット]をクリックする。
    またWindows 10/8.1であれば、スタートボタンを右クリックするか、[Win]+[X]キーでメニューを表示し、[ディスク管理]をクリックする。
  2. 新品未使用のHDDなどまだパーティションを作成していないディスクであれば最初に[ディスクの初期化]のウィンドウが表示される。
    2TBを超える大容量のHDDであれば「GPT」を選択し[OK]をクリックする。
    MBRを選択した場合は約2TBまで利用可能。
    ただし、GPT(GUIDパーティションテーブル)は環境によっては利用できないので注意。
    Windows 8.1 64bit、UEFI など新しい環境であれば特に問題なく利用でき、HDD付属のドライバやソフトウェアのインストール等も基本的に必要ない。
    パーティション作成とフォーマット、2TB以上の大容量HDDの増設 GPT、MBR ディスクの初期化
  3. [ディスク管理]ウィンドウで該当ディスクの未割り当ての領域で右クリックし、「新しいシンプルボリューム」を選択。
    パーティション作成とフォーマット、2TB以上の大容量HDDの増設 ディスク管理 未割り当て領域 新しいシンプルボリューム
  4. あとは自分の環境に合わせて画面の指示通り進む。
    基本的にデフォルトの選択肢で良い。
    設定完了後、ディスクが使用可能となる。
    パーティション作成とフォーマット、2TB以上の大容量HDDの増設 ディスク管理 3TB 4TB
このエントリーをはてなブックマークに追加