デスクトップ周りの設定、アニメーションの無効化

更新:

新しいWindows PCを購入した後、デフォルトのままでは使いにくい場合がある。 人によるが、ここでは私が新PCを導入直後に行うデスクトップ周りの設定についてまとめた。

Windows 11

画面の解像度
デスクトップ上で右クリックして「ディスプレイ設定」をクリックする。 「ディスプレイの解像度」で解像度を選択する。
デスクトップの背景、ウィンドウの色、スクリーンセーバー
デスクトップ上で右クリックして「個人用設定」をクリックする。 「背景」、「色」、「ロック画面」を選択して各設定を行う。 スクリーンセーバーは「ロック画面」をクリック後、ウィンドウ下部にある「スクリーンセーバー」で設定できる。
電源
⚙️設定の「システム」→「電源」をクリック。 「画面とスリープ」にてディスプレイの電源がオフになる時間、およびデバイスがスリープ状態になる時間を変更できる。 「電源モード」は電力消費とパフォーマンスについて設定できる。 デフォルトは「バランス」で、その他「最適なパフォーマンス」、「トップクラスの電力効率」が選べる。
アニメーションを無効にする
アニメーションとは、ウィンドウを開いたり、最小化したり、メニューをクリックしたときの動作。 ⚙️設定の「アクセシビリティ」→「視覚効果」をクリック。 「アニメーション効果」をオフにする。 その他、ウィンドウの背景を少し透明にする「透明効果」もオフにできる。
タスクバー
タスクバーを右クリックして「タスクバーの設定」をクリック。 「検索」、「タスクビュー」、「ウィジェット」、「チャット」をオフ(非表示)にできる。 「タスクバーの動作」で、配置の変更や自動的に隠す設定もできる。 現状、Windows 11ではかつて存在したアプリケーションをグループ化しない(結合しない)設定はなくなっている。
通知領域(システムトレイ)
タスクバーを右クリックして「タスクバーの設定」をクリック。 「その他のシステム トレイ アイコン」にて各常駐アプリのアイコンの表示・非表示を選択できる。

Windows 10

  • 画面の解像度
    デスクトップ上で右クリックして[ディスプレイ設定]をクリックする。
    「ディスプレイの詳細設定」をクリック後、解像度を選択できる。
  • デスクトップの背景、ウィンドウの色、スクリーンセーバー
    デスクトップ上で右クリックして[個人設定]をクリックする。
    左側のメニューから[背景]、[色]、[ロック画面]を選択して、各設定を行う。
    スクリーンセーバーは[ロック画面]をクリック後、ウィンドウ下部にある「スクリーンセーバー設定」で設定できる。
  • 電源設定
    コントロールパネルの[システムとセキュリティ]→[電源オプション]へ進む。
    ここでスリープ解除時のパスワード保護、電源プランの作成、ディスプレイの電源を切る時間の指定、コンピューターがスリープ状態になる時間を変更などが行える。
    また、スタートボタンを右クリック、または[Win]+[X]キーでメニューを表示し、[電源オプション]を選んでも設定できる。
    スタートメニューの[設定]→[システム]→[電源とスリープ]でもディスプレイの電源を切る時間、PCをスリープ状態にする時間を変更できる。
  • アニメーションを無効にする
    コントロールパネルで[コンピューターの簡単操作]→[視覚ディスプレイの最適化]と進み、[必要のないアニメーションは無効にします]をチェックする。
  • タスクバーの設定変更
    タスクバーを右クリックして[プロパティ]をクリックする。
    タスクバーの固定、自動的に隠す、タスクバーの位置などを設定・変更できる。
    [タスクバーのボタン]で[結合しない]を選ぶと、タスクバー上の同じアプリケーションのボタンをグループ化しなくなる。
    タスクバーを固定するには、タスクバーを右クリックして[タスクバーを固定する]を選択する。
  • 通知領域(タスクトレイ)
    タスクバーを右クリックして[プロパティ]をクリックする。
    [カスタマイズ]をクリック。
    各アプリのアイコンの表示・非表示を設定できる。

Windows 8.1

  • 画面の解像度
    デスクトップ上で右クリックして[画面の解像度]を選択する。
  • デスクトップの背景、ウィンドウの色、スクリーンセーバー
    デスクトップ上で右クリックして[個人設定]を選択する。
    [デスクトップの背景]、[色]、[スクリーンセーバー]などをクリックし、各種設定を行う。
  • 電源設定
    デスクトップ上で右クリックして[個人設定]を選択し、[スクリーンセーバー]をクリック。
    ウィンドウ下部の[電源設定の変更]をクリック。
    スリープ解除時のパスワード保護、電源プランの作成、ディスプレイの電源を切る時間の指定、コンピューターがスリープ状態になる時間を変更などが行える。
    コントロールパネルの電源オプションからも同様の操作ができる。
    また、デスクトップ左下隅を右クリック、または[Win]+[X]キーでメニューを表示し、[電源オプション]を選んでも設定できる。
  • アニメーションを無効にする
    コントロールパネルで[コンピューターの簡単操作]→[視覚ディスプレイの最適化]と進み、[必要のないアニメーションは無効にします]をチェックする。
  • タスクバーの設定変更
    タスクバーを右クリックして[プロパティ]を選択。
    タスクバーの固定、自動的に隠す、タスクバーの位置などを設定・変更できる。
    [タスクバーのボタン]で[結合しない]を選ぶと、タスクバー上の同じアプリケーションのボタンをグループ化しなくなる。
    タスクバーを固定するには、タスクバーを右クリックして[タスクバーを固定する]を選択する。
  • 通知領域(タスクトレイ)
    通知領域の上矢印(▲)をクリックし、[カスタマイズ]を選択。
    各アプリのアイコンの表示・非表示を設定できる。

Windows 7

  • 画面の解像度
    デスクトップ上で右クリックして[画面の解像度]を選択する。
  • デスクトップの背景、ウィンドウの色、スクリーンセーバー
    デスクトップ上で右クリックして[個人設定]を選択する。
    [デスクトップの背景]、[ウィンドウの色]、[スクリーンセーバー]などをクリックし、各種設定を行う。
  • 電源設定
    デスクトップ上で右クリックして[個人設定]を選択し、[スクリーンセーバー]をクリック。
    ウィンドウ下部の[電源設定の変更]をクリック。
    スリープ解除時のパスワード保護、電源プランの作成、ディスプレイの電源を切る時間の指定、コンピューターがスリープ状態になる時間を変更などが行える。
    コントロールパネルの電源オプションからも同様の操作ができる。
  • アニメーションを無効にする
    コントロールパネルで[コンピューターの簡単操作]→[視覚ディスプレイの最適化]と進み、[必要のないアニメーションは無効にします]をチェックする。
  • タスクバーの設定変更
    タスクバーを右クリックして[プロパティ]を選択。
    タスクバーの固定、自動的に隠す、タスクバーの位置などを設定・変更できる。
    [タスクバーのボタン]で[結合しない]を選ぶと、タスクバー上の同じアプリケーションのボタンをグループ化しなくなる。
    タスクバーを固定するには、タスクバーを右クリックして[タスクバーを固定する]を選択する。
  • 通知領域(タスクトレイ)
    通知領域の上矢印(▲)をクリックし、[カスタマイズ]を選択。
    各アプリのアイコンの表示・非表示を設定できる。

Windows XP

  • デスクトップの設定変更
    デスクトップ上で右クリックして[プロパティ]を選択すると、ウィンドウのデザイン、壁紙、スクリーンセーバー、モニタの解像度などが設定できる。
    スクリーンセーバーの設定にて省電力モード、スタンバイなどの電源管理の設定ができる。
  • ウィンドウやメニュー表示の視覚効果の変更
    コントロールパネルから[システム]→[詳細設定]→[パフォーマンス]の[設定]をクリックする設定画面が表示される。
    ウィンドウの最大化・最小化時やメニュー表示のアニメーションなどを無効にすることができる。
    スクリーンフォントの縁を滑らかにしたり、解除することもできる。
  • タスクバー、タスクトレイ、スタートメニューの設定
    タスクバーを右クリックして[プロパティ]を選択。
    タスクバーの固定や自動的に隠す機能、ウィンドウのグループ化などが設定できる。
    [カスタマイズ]をクリックすると、タスクトレイの不要なアイコンを非表示することができる(アクティブでないインジケータの非表示)。

このエントリーをはてなブックマークに追加