コントロールパネルはどこに行ったのか?

更新:

コントロールパネルの起動方法、実行ファイルの場所。
対象 : Windows 10 Creators Update(Version 1703)以降

コントロールパネルはどこ?

Windows 8からスタートボタンを右クリックするか、[Winキー] + [X] で表示されたメニューにコントロールパネルがあったが、2017年4月のWindows 10 Creators Update(Version 1703)以降そのメニューからコントロールパネルが消えた。
コントロールパネルは影を潜め、Windowsの設定は[設定(ギヤマーク)]がメインになりつつあるが、コントロールパネルは消えたわけではなく、今もWindows内にある。
昔から Windows を使っている人にはコントロールパネルの方が使いやすく、目的の設定にたどり着きやすい。


スタートメニューから起動する

分かりやすい場所としては、スタートメニューのアプリ一覧の[Windowsシステムツール]→[コントロールパネル]にある。
コントロールパネルにたどり着くのに時間がかかるが、使用頻度が低ければこれでも良いだろう。
すぐに起動したい場合は、コントロールパネルを右クリックして[スタートにピン留めする]、または[その他]→[タスクバーにピン留めする]という手もある。
ピン留めが嫌いな人は、[その他]→[ファイルの場所を開く]でフォルダを開き、そこにあるコントロールパネルのショートカットをデスクトップなどにコピーしても良い。


ファイル名を指定して実行

[Winキー] + [R] で「ファイル名を指定して実行」を開き、テキストボックスに「control」と入力し、Enterキーを押すか[OK]ボタンをクリックするとコントロールパネルが開く。
スタートボタンを右クリックするか、[Winキー] + [X] で表示されたメニューにも「ファイル名を指定して実行」がある。


Cortana(コルタナ)で検索

[Winキー] + [Q] または [Winキー] + [S] で Cortana を起動し、「コントロールパネル」を検索するとコントロールパネルが見つかり起動できる。


コントロールパネルの実行ファイルの場所

コントロールパネルの実行ファイル(本体)は以下のフォルダにある。

C:\Windows\System32\control.exe

このショートカットを作ってデスクトップなどに置いても良い。
このエントリーをはてなブックマークに追加