Windows 10 のスタートアッププログラムを削除(無効化)する

更新:

Windows 10のスタートアッププログラムを削除する方法。OS起動時のアプリケーション起動無効化。
対象 : Windows 10

Windows 10 のスタートアッププログラムを無効化する

Windowsを起ち上げると同時に他のアプリケーションもバックグラウンドで起動し、タスクバー(タスクトレイ)にアイコンが常駐することがある。
Windows XPでは「スタートメニュー」から[すべてのプログラム]→[スタートアップ]にWindows起動時に一緒に起動されるアプリケーションのアイコンがあった。
Windows 10のスタートアップは「タスクマネージャー」にある。
スタートアップにあるアプリケーションは以下の手順で無効化できる。

  1. タスクバーまたはスタートボタンを右クリックして「タスクマネージャー」を起動する。
  2. 「簡易表示」になっている場合は、ウィンドウ左下の[詳細]をクリックする。
  3. [スタートアップ]タブをクリックする。
  4. リストに表示されているアプリケーションを右クリックし、[無効化]を選択する。
    または、リストにあるアプリケーションを選択して、ウィンドウ右下の[無効にする]ボタンをクリックしても良い。

アプリケーションをインストールすると強制的にスタートアップに登録するものもあるので、Windows起動時に無駄なアプリケーションを起動したくない場合は随時無効化すると良い。

Windows 10 のスタートアッププログラムを削除(無効化)する
このエントリーをはてなブックマークに追加