Windows 10でもあえてInternet Explorerを使う。Internet Explorerの起動。

更新:

Windows 10でのInternet Explorer 11の起動方法。実行ファイルはどこにあるのか。場所。
対象 : Windows 10、Internet Explorer 11

Windows 10でInternet Explorerを起動する方法

Windows 10のデフォルトのブラウザはEdgeになった。
Internet Explorerに慣れた人はEdgeは使いにくいかもしれない。
一応Windows 10にもInternet Explorerがインストールされており、引き続き利用できる。
Internet Explorerは、スタートメニュー(スタート画面)の[すべてのアプリ]→[Windowsアクセサリ]→[Internet Explorer]から起動できる。
このアイコンを右クリックし、「スタート画面にピン留めする」や「タスクバーにピン留めする」を選ぶとそれらの場所にショートカットを作成できる。
また、右クリック時「ファイルの場所を開く」を選んでフォルダを開くとInternet Explorerのショートカットが表示されるので、これをデスクトップなどにコピー&ペーストしても良い。
Internet Explorerの実行ファイル(EXEファイル)は C:\Program Files\Internet Explorer にある iexplore.exe。
OSが32bitの場合は C:\Program Files (x86)\Internet Explorer フォルダにある。
通常Edgeを使い、一時的にInternet Explorerを使うには、Edgeでウェブサイトを表示中にツールバーの「・・・」→「Internet Explorerで開く」をクリックする。

Windows 10でInternet Explorerを起動する方法
このエントリーをはてなブックマークに追加