IrfanViewのダウンロードと日本語化

更新:

Windows用画像閲覧ソフト IrfanView のダウンロード、日本語化する方法。

IrfanView

IrfanView は、Windows上で画像を閲覧・編集するフリーソフトとして昔から有名。 独特のUIを持ち、使い慣れるのにやや時間がかかるが、ちょっとした作業をするのに重宝する。 私は主に画像をリサイズしたり、ファイルフォーマット(JPEG、GIF、PNG、BMPなど)を変換するときに使っている。 プラグインもダウンロードしてインストールすれば WebP なども扱えるようになる。

デフォルトのメニューは英語とドイツ語のみ選択可能だが、日本語など各種言語に変更可能。

本項では、Windows 10、IrfanView 4.56(64bit ZIP版)の場合を例に説明する。 インストーラー版の場合は基本的に自動で行ってくれる。

ダウンロード

以下のサイトからダウンロードできる。

32bit版と64bit版がある。 基本はインストーラー版だが、公式サイトには ZIP版 も用意されている。

本体だけでも動作するが、プラグインもインストールすることをオススメする。

ZIP版の場合、展開(解凍)したものを IrfanView の Plugins フォルダにまるごとコピーするだけで良い。

日本語化の設定

上述のサイトから日本語化モジュールをダウンロードする。 公式サイトでは LANGUAGES にある。

インストーラー版はインストーラーを起動後、IrfanView が置いてあるフォルダを指定するとインストールできる。 ZIP版は、展開(解凍)した Japanese.dll を IrfanView の Languages フォルダにコピーする。

次に IrfanView 本体を起動し、メニューの[Options]→[Change Language...]と進み、JAPANESE.DLL を選択して[OK]をクリックする。 以上で設定完了。

公式サイトには「Available languages for version 4.56(本体バージョン4.56で利用可能な言語)」などと書かれており、基本的に本体のバージョンにあったものを使用する。 ただ、バージョンが異なっていても動作する場合もある。 もし自分が必要な言語が対応していない場合はとりあえず別バージョンを試してみると良い。

このエントリーをはてなブックマークに追加