IrfanViewのダウンロードと日本語化

更新:

画像閲覧ソフト IrfanView のダウンロードと日本語化。
対象 : Windows 10/8.1/7/Vista、IrfanView 4.42

IrfanView

IrfanView は独特のインターフェースで、アイコンが怪しげだが、画像閲覧ソフト(Viewer)として昔から有名なソフト。
私は画像を閲覧するより、画像をリサイズしたり、ファイル形式を変えるときに使っている。
特に バッチ処理機能 は、大量のファイルを縮小・変換する場合に便利。
デジカメで撮った写真を縮小したり、サムネイル画像を作ったり、ウェブサイト運営に重宝する。
縮小、圧縮したJPEGは、画質・ファイルサイズともに Adobe Photoshop Elements と比べても悪くない。
縮小・変換に関しては IrfanView で足りる。


ダウンロード

IrfanView 公式サイト や窓の杜 http://www.forest.impress.co.jp/library/software/irfanview/ などからダウンロードできる。
基本はインストーラー版だが、インストーラーがないzip版もある。
公式サイトのメニューの[Download]→[Other download sites (Mirrors)]と進み、ページの一番下に[download IrfanView English]などzip版がある。


日本語化

IrfanViewを日本語化するには日本語化モジュールが必要で、以下のサイトからダウンロードできる。
どのサイトからダウンロードしても良い。

  • 窓の杜 http://www.forest.impress.co.jp/library/software/irfanview/ にてIrfanView本体、プラグイン、日本語化モジュールをダウンロードできる。
  • IrfanView 公式サイト のメニューの[IrfanView languages]にある[Japanese (help file included) Installer or ZIP]が日本語化モジュール。
  • 日本語化モジュールを作成している悠綺氏のサイト
    http://yu-ki.digi2.jp/(旧サイト)
    淘気鬼児工房 http://park15.wakwak.com/~yu-ki/(旧サイト)

日本語化モジュールのインストーラー版は、インストーラーを起動後、IrfanViewが置いてあるフォルダを指定してインストールする。
日本語化モジュールのzip版は、解凍後 Japanese.dll をIrfanViewのLanguagesフォルダに置く。
その後IrfanViewを起動し、メニューにて[Options]→[Change Language]と進み、JAPANESE.DLL を選択して[OK]をクリック。
IrfanView公式サイトでは、最新のIrfanViewと最新の言語用DLLを使用することを推奨しているが、本体とDLLのバージョンが異なっていても動作する場合もある。
このエントリーをはてなブックマークに追加