Inkscapeのレイヤーウィンドウのドッキング(元の位置に戻す方法)

更新:

Inkscapeのレイヤーウィンドウ(ドック)の表示・合体・分離、元の位置に戻す方法。
対象 : Windows 10/8.1/7、Inkscape 0.91

Inkscapeのレイヤーウィンドウのドッキング

まず、Inkscapeのレイヤーウィンドウ(ドック)はメニューの[レイヤー]→[レイヤー]で表示できる。
コマンドでは Shift + Ctrl + L で表示できる。
デフォルトでは親ウィンドウとドッキングした状態で表示される。
レイヤードックの「レイヤー(S)(Shift+Ctrl+L)」と書かれた部分をドラッグすると親ウィンドウから分離できる。
これを元に戻す(再度親ウィンドウと合体する)には、一番上のタイトルバーではなく、その下の「レイヤー(S)(Shift+Ctrl+L)」と書かれた部分をドラッグして親ウィンドウ右端に近づけると親ウィンドウとドッキングできる。

レイヤードックにある[◀]はアイコン化、[×]は閉じるを示す。
前述のタイトルバーの下にある「レイヤー(S)(Shift+Ctrl+L)」部分で右クリックすると[隠す]と[ロック]というメニューが表示される。
[ロック]を選択すると[◀]や[×]が消え、親ウィンドウとドッキングしないようになる。
再度「レイヤー(S)(Shift+Ctrl+L)」部分で右クリックすると[ロック解除]というメニューがあり、元に戻せる。

【レイヤーウィンドウのドッキング】
Inkscapeのレイヤーウィンドウのドッキング(元の位置に戻す方法)
このエントリーをはてなブックマークに追加