HDDやSSDをフォーマットするフリーソフト。新しいシンプルボリュームが作成できない。

更新:

HDD、SSD、USBメモリーなどをフォーマットするフリーソフト「BUFFALO Disk Formatter Ver.2.08」。新しいシンプルボリュームが作成できない。論理フォーマットと物理フォーマット。
対象 : Windows 10/8.1/7/Vista/XPなど

新しいシンプルボリュームが作成できない

Windows標準搭載の「ディスク管理」にてHDDのシンプルボリュームを作ろうとしたとき、「新しいシンプルボリューム」が選択できなかった。

【右クリックで新しいシンプルボリュームが選択できない状態】
Windowsのディスク管理で新しいシンプルボリュームが選択できない。

BUFFALO Disk Formatter

ディスクをフォーマットするフリーソフトはいろいろあるが、たまたまバッファローのDisk Formatterというソフトを見つけた。 BUFFALO Disk Formatter(buffalo.jp) からダウンロードでき、使い方は同ページからダウンロードできるPDFのマニュアルに書かれている。

前述の「新しいシンプルボリューム」が選択できない状態のHDDを見てみると以下のように表示された。

BUFFALO Disk Formatter 水色で表示されている不要な領域

水色で表示されている不要な領域があり、この領域をクリックして選択し、[パーティションの削除]ボタンをクリックすると以下のようになる。

BUFFALO Disk Formatter パーティションの削除

以上の作業で「新しいシンプルボリューム」が作れるようになった。 このソフトはバッファローの製品だけでなく、どのメーカーのHDDもフォーマットでき、SSD、USBメモリー、SDカードなどもフォーマットできる。 また、論理フォーマットだけでなく物理フォーマットもでき、パーティションの削除もできる。 たまたま見つけたソフトだけど、シンプルだし便利で気に入っている。

このエントリーをはてなブックマークに追加