ドスパラ Diginnos Critea DX10 SSD搭載モデル ADATA SP900NS38 256GB【M.2 2280】ベンチマークテスト

更新:

ドスパラDiginnos Critea DX10 SSD搭載モデルのADATA SP900NS38 256GB【M.2 2280】ベンチマークテスト。
CrystalDiskMark によるシーケンシャルRead/Write性能測定。

ADATA SP900NS38 256GB【M.2 2280】ベンチマークテスト

2015年12月、ドスパラでCritea DX10 SSD搭載モデルを購入した。
このパソコンは私の親が使う。
主なスペックは以下の通り。

パーツ スペック
CPU Intel Core i3-6100U 【Skylake、2.30GHz、2コア4スレッド、L3:3MB】
メモリ Crucial CT51264BF160BJ.M8F 4GB×2 【DDR3L SO-DIMM、PC3-12800】
グラフィックス Intel HD Graphics 520(CPU内蔵)
SSD ADATA SP900NS38 256GB 【M.2 2280】
DVDドライブ 日立LG HL-DT-ST DVDRAM GUB0N
OS Microsoft Windows 10 Home 64bit
ディスプレイ 15.6インチ光沢ワイド液晶、解像度1366×768

購入時は分からなかったが、調べたところメモリはCrucial製で、SSDはADATA製だった。
今まで自作用に東芝、Intel、CrucialのSSDは買ったことがあるが、ADATAのSSDを使うのは初めて。
接続インターフェイスはSATAで、M.2 2280を使用している。
ファームウェアのバージョンは5.8.2。

ADATA SP900NS38 256GB【M.2 2280】

早速CrystalDiskMark 5.1.0にてRead/Writeスピードを測定した。
以下はランダムと0Fillの結果。

ADATA SP900NS38 256GB【M.2 2280】ベンチマークテスト ランダム ADATA SP900NS38 256GB【M.2 2280】ベンチマークテスト 0Fill

ランダムではReadと比べるとWriteがやや遅いが、0FillではWriteがReadに近い値となっている。
このエントリーをはてなブックマークに追加