Internet Explorer 9/10/11 のタブの表示位置変更

更新:

Windows で使っている Internet Explorer(IE)のデフォルトのタブの位置が気に入らない。アドレスバーの下に表示したい。

タブの位置変更

IE 9~11まで基本的に同じで、以下の方法でタブの位置を変更できる。

  1. Internet Explorer のウィンドウ上部の適当な場所で右クリックするとコンテキストメニューが表示される。
  2. 「別の行にタブを表示」にチェックを入れる。

変更の歴史

2011年6月の Windows Update で Internet Explorer 9(IE9)日本語版の配布が行われるようになった。 デフォルトのタブの位置はアドレスバー(URLを表示する部分)の右横に表示される。 最近のブラウザはページの表示領域を広くするためか、シンプルなUI(ユーザーインターフェース)が好まれるためか、初期状態ではシンプルな外観になっていることが多い。

IEのアドレスバーの右端を選択して右方向へドラッグするとアドレスの表示領域が広くなるが、タブがアドレスバーの横に表示されると使いにくい。 URLが気になる人は上述の方法でタブの位置を変えると良い。

このエントリーをはてなブックマークに追加