SanDisk CF Extreme 32GB(SDCFXSB-032G)コンパクトフラッシュ リファービッシュ・バルク品

更新:

SanDisk(サンディスク)CF Extreme 32GB(SDCFXSB-032G)コンパクトフラッシュ リファービッシュ・バルク品、120MB/s、UDMA7、Read/Writeベンチマークテスト。

SanDisk CF Extreme 32GB(SDCFXSB-032G)

2017年3月、親戚からNikonのデジタル一眼レフカメラD300を頂き、少し遊んでみようと思ったが、D300に入っていたCFカードの容量が2GBしかなかった。
まあ、D300が発売された2007年頃は大容量のCFカードが高価で、なかなか買えるものではない。

32GBや64GBのSDカードなら持っているが、手持ちのCFカードは トランセンド CF 4GB が最大容量で、RAWを使わずJPEGのみで画質を落とせば4GBでも良いが、できればRAWも記録し、なるべく高画質で撮りたいので32GBのCFカードを買うことにした。
アマゾンを見るとSanDisk CF Extreme 32GB(SDCFXSB-032G)のリファービッシュ品があり、海外パッケージ品よりも少し安いので買ってみた。
2017年2月27日、アマゾンで3,280円(税込)。

リファービッシュとは初期不良品や中古品を整備したもので、つまり新品ではない。
中古のフラッシュメモリーを買うのはあまり気が進まないが、D300をバリバリ使うかというとそういうわけでもないし、まあリファービッシュでも良いかなと。
中古品としては、以前、古いデジカメが大容量のCFカードを認識しないため、ハードオフで中古の SanDisk CF 512MB を買ったことがある。
ちなみにD300は32GBまでは認識するようだ。

【パッケージ】
バルク品なので立派なパッケージはないが、一応ケースは付属している。
シールになぜか「新品」と書かれている。
SanDisk CF Extreme 32GB(SDCFXSB-032G)コンパクトフラッシュ リファービッシュ・バルク品 パッケージ

【リファービッシュ】
表面のシールをよく見ると「120MB/s」の上に「REFURB」と書かれている。
メーカーによるサポートはないようなので、メーカー以外の業者による整備品なのかもしれない。
SanDisk CF Extreme 32GB(SDCFXSB-032G)コンパクトフラッシュ リファービッシュ・バルク品 整備品

【カード裏面】
外観は正規品と変わらない。
生産国は中国。
SanDisk CF Extreme 32GB(SDCFXSB-032G)コンパクトフラッシュ リファービッシュ・バルク品 裏面

【Nikon D300】
このCFカードをNikon D300に入れてみたところ正常に認識した。
何枚か試し撮りしているが、今のところ異常はない。
撮影可能コマ数(枚数)は、CFカードが4GBの場合FINEで540コマ、RAW+FINEで141コマ、32GBの場合FINEで4.3Kコマ、RAW+FINEで1.1Kコマ。
Kは1000枚。
JPEGの画質とRAWの記録以外の設定は初期設定のまま。
RAWも使う場合は最低16GB欲しいところ。
SanDisk CF Extreme 32GB(SDCFXSB-032G)コンパクトフラッシュ リファービッシュ・バルク品 Nikon D300

【ベンチマークテスト】
CrystalDiskMark 5.2.1でベンチマークテストを行った。
OSはWindows 10(64bit)、カードリーダーはUSB3.0対応のもの。
結果は、Readが約123MB/s、Writeが約78MB/sとなった。
仕様によると最大読み込み速度が120MB/s、最大書き込み速度が85MB/sなので、Writeが仕様よりやや遅いが、許容範囲だろう。
SanDisk CF Extreme 32GB(SDCFXSB-032G)コンパクトフラッシュ リファービッシュ・バルク品 CrystalDiskMark ベンチマークテスト
このエントリーをはてなブックマークに追加