ブラウザのウェブ標準テスト、HTML、JavaScript、CSS規格準拠 Acid3

更新:

Internet Explorer、Firefox、Google Chrome、Safari、Operaなどのブラウザのウェブ規格標準テスト。

ブラウザのウェブ規格標準テスト

ウェブブラウザがHTMLやJavaScriptなどの規格に準拠していない場合、同じページを閲覧しても、ブラウザによってページの見え方が異なる場合がある。
サイトを作る人にとっては非常に困る問題だ。

そこで、ブラウザが規格に準拠しているかを確かめられるサイトを利用する。
ただ、特定の環境で有利な結果が出る場合があり、必ずしも公平とは言えない点に注意。


Acid3

Acid3 は、ブラウザがHTMLやJavaScriptなどウェブの規格に準拠しているかを調べられるツールで、The Web Standards Project が公開している。
Acid Tests のサイトにてAcid3へアクセスするとテストが始まる。

下表は Windows 7 Professional SP1 (64bit) でテストした結果。
古いInternet Explorer(IE)や古いFirefoxは満点が出なかった。
特にIE8のスコアは20点で、話にならないレベルだった。

テスト結果は100点満点中の得点が表示され、値が高いほど良い(100点満点)。
ページ上の「Acid3」と書かれている文字の「A」の付近をクリックするとエラーの内容が表示される。

ブラウザ スコア
Internet Explorer 9.0.8112.16421 100
Internet Explorer 9.0.1 95
Internet Explorer 8.0 20
Firefox 10.0 100
Firefox 5.0 97
Firefox 3.6.2 94
Google Chrome 16.0 100
Google Chrome 12.0 100
Google Chrome 4.1 100
Safari 5.1.2 100
Safari 5.0.5 100
Safari 4.0.5 100
Opera 11.61 100
Opera 11.11 100



Sputnik

Sputnik は、ブラウザがJavaScriptの規格に準拠しているかを調べられるツールで、Googleが公開している。
Sputnik のサイトの「Run」をクリックし、「Start」ボタンを押すとテストが始まる。
※2012年2月1日現在、利用できなくなっている。

処理速度を確認するテストではないが、テストが終了するまで時間がかかる。
環境によっては途中でフリーズしてしまう。
テストが終わると結果が表示される。
Total は総テスト数、Succeeded は合格数、Failed は失敗数。

下表は Sputnik version 2 でテストを行ったWindows 7 Professional (64bit)での結果で、値が高いほど良い(5246点満点)。
これもAcid3と同様、古いIEと古いFirefoxは他のブラウザよりスコアが低く、IE8のスコアは最も低い。

ブラウザ Succeeded(Total:5246)
Internet Explorer 9.0.1 5180
Internet Explorer 8.0 4783
Firefox 5.0 5080
Firefox 3.6 4988
Google Chrome 12.0 5116
Google Chrome 4.0 5028
Safari 5.0.5 5082
Safari 4.0.5 途中でフリーズ
Opera 11.11 5172
このエントリーをはてなブックマークに追加