3D CGのベンチマークソフト一覧(Windows PC用)

更新:

3D CGを使ったベンチマークソフトは、パソコンのCPUとGPU(グラフィック)の性能を知ることができる。 日本国内では、ファイナルファンタジーシリーズやドラゴンクエストXなどのゲーム用ベンチマークがあり、自作PC界隈でよく使われている。 ゲーム関連はCGを見ているだけでも面白いのでオススメである。

まずDirectXのバージョンを確認する

Windows PCで3D CGを見るには基本的にDirectXがインストールされている必要がある。 また、ベンチマークソフトによって必要なDirectXランタイムのバージョンが異なる。 2020年現在DirectX 12が最新版。 適切なバージョンのDirectXがPCにインストールされていない場合、ベンチマークソフトを起動できない場合がある。

確認方法とインストール

  1. スタートメニューを右クリックし、「ファイル名を指定して実行」をクリック。
  2. 名前に「dxdiag」を入力して[OK]ボタンをクリック。
  3. 表示されたウィンドウに「DirectX バージョン」が書かれている。

詳しくは、マイクロソフトのサイト 最新版の DirectX をインストールする方法 に書かれている。 このページからDirectX 9など古いバージョンもダウンロードできる。

DirectX8.1の有効化

FF11など古いゲームはDirectX8.1など古いDirectXが使われている。 Windows 10の場合、初期状態では古いDirectXが無効になっている場合があるので、自分で有効化する必要がある。 古いDirectXをインストールする必要はない。 手順は、[Windowsシステムツール]→[コントロールパネル]→[プログラム]→[Windowsの機能の有効化または無効化]と進むとウィンドウが表示される。 そこで「レガシ コンポーネント」の中にある「DirectPlay」にチェックを入れる。

注意事項

  • ベンチマークテストの結果はあくまで参考程度のもので、ゲームの動作を保障するものではない。
  • ベンチマークソフトの実行中、全画面(フルスクリーン)モードにならない場合は、[Alt]+[Enter] を押すと全画面になる場合がある。
  • NVIDIAのAnselに対応している場合は、[Alt]+[F2]でAnselを起動し、スクリーンショットを撮影できる。
  • ソフトの起動時や動作時に全画面(フルスクリーン)が解除され、ソフトが途中で止まる場合がある。 また、FullscreenState lost などのメッセージが出る場合がある。 IME(言語バー)をタスクバーに格納すると、この現象が解消される場合がある。
  • ソフトが起動しない場合は、ウィンドウをクラシック表示にすると解消される場合がある。

日本国内

新旧様々なベンチマークソフトがあるが、FF14とドラクエ10を動かしておけば十分だろう。 下表の中ではFF15が最もPC性能を必要とする。

ソフト名
メーカー
発売日
運営開始日
動作環境 内容・ベンチマークソフトのダウンロード
ファイナルファンタジーXV(FF15)
(スクウェア・エニックス)
2018年2月2日公開(ベンチマーク)
2018年3月7日発売(Windows版)
【必要スペック】
●Windows 7/8.1/10(64bit日本語版)
●DirectX 11
Windows版ファイナルファンタジーXV(FF15)のベンチマークソフト。 Native 4K、HDR10対応。 グラフィックの品質や解像度を設定できる。 ベンチ終了後、評価とスコアが表示される。

FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION Benchmark
ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン
(スクウェア・エニックス)
2013年9月26日 【必要スペック】
●Windows Vista 32/64bit、Windows 7 32/64 bit、Windows 8 32/64bit
●Intel Core 2 Duo 1.6GHz相当以上
●メモリ2GB
●NVIDIA Geforce 7600 GT VRAM 256MB、AMD Radeon HD 2600 Pro VRAM 256MB、Intel HD Graphics 2000 VRAM 256MB
●DirectX9.0c以上
Windows版ドラクエ10のベンチマークソフト。 グラフィックの品質や解像度が選択できる。 ベンチ終了後、快適さの評価およびスコアが表示される。

ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン ベンチマーク
ファイナルファンタジーXIV(FF14)
(スクウェア・エニックス)
2013年8月27日 【ベンチの動作環境】
●Windows 8.1/10(64bit日本語版)
●DirectX 11に対応していること
●画面のサイズが横1024縦720ドット以上あること
FF14のベンチマークソフトは新しい拡張パッケージが発売された際などに新しいものに差し替わる。 2020年2月現在、漆黒のヴィランズがダウンロードできる。 ベンチ終了後スコアと評価が表示され、【レポート出力】では平均フレームレートも表示される。 【ループ】を設定するとスコアは表示されない。

ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ ベンチマーク
バイオハザード6
(カプコン)
2013年3月22日(Windows版) 【製品版の推奨環境】
●Windows 8/7/Vista/XP
●Intel Core 2 Quad 2.7 Ghz 以上、AMD Phenom II X4 3 Ghz 以上
●メモリ 4 GB RAM
●NVIDIA GeForce GTX 560以上
●DirectX 9.0c以上
グラフィックスカードはNVIDIA社のGeForceを推奨している。

バイオハザード6 ベンチマーク
ファンタシースターオンライン2
(セガ)
2012年7月4日(Windows版) 【製品版の動作環境】
●Intel Core 2 Duo E6300 以上
●NVIDIA GeForce 7800GT、AMD RADEON HD2900XT もしくは同クラスのグラフィックカード以上
●Vista/7/8:2GB以上、Windows XP:1.5GB以上
●DirectX 9.0c以上
2012年発売のゲームだが、FF14より必要スペックは低い。
キャラクタークリエイト体験版にてベンチマークテストを行える。

PSO2キャラクタークリエイト体験版
ファイナルファンタジーXIV(FF14)
(スクウェア・エニックス)
2010年9月30日(Windows版) ●Intel Core i7 2.66GHz以上
●NVIDIA GeForce GTX 460以上(VRAM 768MB以上)
2010年10月現在、最も高いPCスペックが必要なソフトだと思われる。
解像度HIGH(1920x1080)とLOW(1280x720)のテストが行える。
ベンチマーク終了後 SCORE(スコア) が表示される。
新生FF14へ移行したため、このベンチマークソフトの提供は終了した。
ロストプラネット2
(カプコン)
2010年10月14日(Windows版) ●Intel Core 2 Quad プロセッサー以上、AMD Phenom x4 プロセッサー以上
●NVIDIA GeForce 9800 シリーズ以上、ATI Radeon HD4800 シリーズ以上、VRAM:512MB 以上
DirectX 9 VersionとDirectX 11 Versionのモードがあり、画面の解像度などを変更できるオプションもある。
また、テストタイプAとテストタイプBがある。
ベンチ動作中「F1」キーを押すとワイヤーフレームで表示される。
テストの結果は、Average 32.5fps、RANK B というように平均のFPS値とランクが表示される。
バイオハザード5よりやや高いPCスペックが必要だと思われる。

ロストプラネット2 ベンチマーク
A列車で行こう9
(アートディンク)
2010年2月11日(Windows版) ●Intel Core i7 860(2.80GHz)
●NVIDIA GeForce GTS 250、VRAM:1G 以上
A列車で行こう9ビュアーソフトにFPSを表示する機能がある。
ソフト起動後オープニングが始まるが、クリック等するとオープニングが終了し、メニューが表示される。
「フレームレート」にチェックを入れると、画面下にフレームレートが表示される。
オープニングやデモを見続けると平均FPSが画面下に記録される。
また、マップを選び「マップの散策を開始する」をクリックするとマウスを使ってマップ上を散策できる。

A列車で行こう9 ビュアーソフト
バイオハザード5
(カプコン)
2009年9月17日(Windows版) ●Intel Core 2 Quad プロセッサー以上、AMD Phenom x4 プロセッサー以上
●NVIDIA GeForce 9800 シリーズ以上、ATI Radeon HD4800 シリーズ以上、VRAM:512MB 以上
DirectX 9 VersionとDirectX 10 Versionのモードがあり、画面の解像度などを変更できるオプションもある。
また、ベンチマークテストAとベンチマークテストBがある。
テスト中、テストの進行状況が画面の左上に数値(%)で表示される。
テストの結果は、Average 71.2fps [A] というように平均のFPS値とランクが表示され、数値が高いほど良い。
ランクはSが最も高く、A、B、・・・の順に低くなる。

バイオハザード5 ベンチマーク
ストリートファイターIV
(カプコン)
2009年7月2日(Windows版) ●Intel Core i7 プロセッサー以上
●NVIDIA GeForce 8800 以上、ATI Radeon X1900 以上、VRAM:512MB 以上
結果は RANK、SCORE、AVERAGE FPS が表示される。

ストリートファイターIV ベンチマーク
ラストレムナント
(スクウェア・エニックス)
2009年4月9日(Windows版) ●Intel Core 2 Duo(2.4GHz以上)、AMD Athlon X2(2.4GHz以上)
●NVIDIA GeForce 8800 VRAM:512MB 以上
オプションで画面の解像度とウィンドウモードorフルスクリーンモードを選択できる。
テストの結果は、Average FPS:89.91 というように平均のFPS値が表示され、数値が高いほど良い。

ラストレムナント ベンチマーク
デビルメイクライ4
(カプコン)
2008年7月24日(Windows版) ●Intel Core 2 Duo プロセッサー以上
●NVIDIA GeForce 8600以上 VRAM:512MB 以上
起動後、DirectX 9 VersionとDirectX 10 Version を選択できる。
結果はランクで表示され、S が一番高い(平均FPSの結果はない)。
ベンチマークとは別に体験版もダウンロードできる。
※現在4Gamerからのみダウンロード可能。

デビルメイクライ4 ベンチマーク
A列車で行こう8
(アートディンク)
2008年3月21日(Windows版) ●Intel Core 2 Duo E8400以上
●NVIDIA GeForce 8600GT以降、Radeon HD 2600 XT以降
ソフトをインストール後、デスクトップにベンチマークソフトと環境設定のアイコンができる。
ベンチマークソフトと環境設定のアプリケーションが別々になっている。
結果は平均FPSが表示される。

A列車で行こう8 ベンチマーク
ロストプラネット エクストリーム コンディション
(カプコン)
2007年7月12日(Windows版) ●Intel Core 2 Duo プロセッサー
●NVIDIA GeForce 8600以上推奨
ロストプラネットの体験版に PERFORMANCE TEST があり FPS が表示される。
ただし判定結果の表示はなく、ずっとTESTがループする。
体験版は DirectX 9 Version と DirectX 10 Version 2種類ある。
モンスターハンター フロンティア オンライン
(カプコン)
2007年7月5日(Windows版) ●Intel Core 2(Duo、Extreme、Quad)シリーズ、Intel Core(i3、i5、i7)シリーズ、Intel Core(i5-2000、i7-2000)シリーズ、AMD Athlon X2デュアルコア4600+以上、AMD Phenomシリーズ、AMD Athlon IIシリーズ、AMD Phenom IIシリーズ、AMD A-Series
●NVIDIA GeForce 9600シリーズ以上、NVIDIA GeForce 200シリーズ以上、ATI Radeon HD 3650シリーズ以上、ATI Radeon HD 4650シリーズ以上、ATI Radeon HD 5550シリーズ以上、ATI Radeon HD 6450シリーズ以上
●メモリ1GB以上
●DirectX9.0c以上
2012年4月現在、MHFベンチマークソフト第1弾、第2弾【絆】、第3弾【大討伐】がある。
オプションで画面の解像度などを選択できる。
テストの結果は、SCORE 13565 というようにスコアが表示され、数値が高いほど良い。
ただしこのベンチマークテストは、このゲームが快適に動作するためのスコアの目安が示されていない。

モンスターハンター フロンティア
ファイナルファンタジーXI(FF11)
(スクウェア・エニックス)
2002年11月7日(Windows版) ●Intel Pentium 4プロセッサ以上
●NVIDIA GeForce3、GeForce4 Tiシリーズ、GeForceFX5600以上チップ搭載のグラフィックカード VRAM64MB以上
オプションでResolution(画面の解像度)のLow(低)とHigh(高)を選択できる。 テストの結果はSCORE 6954というようにスコアが表示され、数値が高いほど良い。 [loop]をチェックすると最終スコアの表示を残してループできるのでオススメ。

ファイナルファンタジーXI Vana'diel Bench 3

海外製

海外製のベンチマークソフトは 3DMark と CINEBENCH が有名で、よく使われている。

3DMark

3DMarkは Futuremark社 が開発しているPC界で有名な 3DCG のベンチマークソフト。 3DMark(11の次のバージョン)、3DMark 11、3DMark Vantage、3DMark06、3DMark05 などいくつかバージョンがある。 3DMark 11 はv1.0.4で Windows 8 に対応、3DMark06 はv1.2.1で Windows 8 に対応。 3DMark06 は、ソフトを起動後「Run 3DMark」のボタンをクリックするとベンチマークテストが始まる。

CINEBENCH

CINEBENCH は MAXON が提供しているベンチマークソフト。 CINEBENCH は OpenGL と CPU の2種類のベンチマークテストがある。 OpenGL のテストでは fps、CPU のテストでは pts で結果が示される。 CPU はシングルコアとマルチコアのスコアを測定できる。 自作PC界隈ではこの CPU のベンチマークテストがよく使われている。

Heaven Benchmark

Heaven Benchmark は Unigine が開発した3Dベンチマークソフトで、CG が綺麗。 公式サイトのメニューにて[PRODUCTS]→[Benchmarks]→[Heaven]と進むとソフトがダウンロードできる。 Heaven Benchmark の他にもいくつかベンチマークソフトがある。