Macのユーザーアカウント、パスワードの設定と変更

更新:

他人にMacを使わせたくない場合は、Macにパスワードを設定することをオススメする。 設定すると、それを入力しないとMacが起動できないようになる。 遠い昔、コンピュータは電源を入れればすぐ使えたが、のちにセキュリティ意識が高まり、WindowsにしてもAndroidなどスマホにしても何かしらロックしておくのが一般的になっていった。

パスワードの設定は[システム環境設定]→[セキュリティとプライバシー]を選択する。 スリープ状態またはスクリーンセーバから復帰するときにパスワードを要求するようにするには「スリープとスクリーンセーバの解除にパスワードを要求」をチェックする。

また、Mac起動時にパスワードを要求するにようにするには「自動ログインを使用不可にする」をチェックする。 「自動ログインを使用不可にする」がグレーになっていて選択できない場合は、ウィンドウ左下にあるカギマークをクリックしてロックを解除すると選択できるようになる。

パスワードは[セキュリティとプライバシー]のウィンドウの[パスワードを変更]で変更できる。 また、[システム環境設定]→[ユーザとグループ]からも各ユーザのパスワードを設定できる。

このエントリーをはてなブックマークに追加