「開発元が未確認のため開けません。」というエラーが出る

更新:

Macにてアプリケーションをインストールする際、「"OpenOffice.app"は、開発元が未確認のため開けません。」などという警告メッセージが表示されてインストールできない場合がある。

開発元が未確認のため開けません。

これは Mac OS X 10.8 から導入された Gatekeeper が原因で、開発元の署名を確認できないアプリはインストール時や起動時に警告が出るようになった。 OpenOffice や LibreOffice に限らずエラーは出る。 こういったアプリをインストールしたり起動するにはアプリのアイコンを [control]+[左クリック] または [右クリック] でコンテキストメニューを表示して [開く] を選択する。

アプリのコンテキストメニュー

その後、「開いてもよろしいですか?」と出るので [開く] をクリックする。

開いてもよろしいですか?

以後は普通にダブルクリックでアプリが起動できるようになる。

このエントリーをはてなブックマークに追加