iPhoneのカメラでグリッドを表示させる

更新:

iPhoneやiPadなどiOSの標準カメラアプリは、デフォルトでは撮影画面にグリッドが表示されていないが、これをオンにすることもできる。 「設定」→「カメラ」と進むとそこに「グリッド」があり、オン・オフの設定が可能で、オンにすると撮影画面に水平線と垂直線の格子が表示される。

グリッド表示はデジカメにもよくある機能で、写真を撮る際、水準器の代わりに水平や垂直を確認するために使用する。 写真が上手く水平にならず傾いてしまう人はグリッドを表示してみると良い。

iPhoneのカメラでグリッドを表示させる
このエントリーをはてなブックマークに追加